FC2ブログ

Entries

あの世のおふくろさん

流れに身を任せる? 主夫です。



父の有料老人施設への入所手続きが完了しました。
骨折してから2週間。ほぼ以前のように歩けるようになりましたが、やはり高齢のため、少しでも寝込むと運動機能が目に見えて低下します。
ご近所の御世話になっている方々に挨拶のため30mほど歩くと、しんどそうで限界です。それでも、主治医からは「出来るだけ歩いてください」と言われているので、歩くように心がけているようです。

今回の骨折事件。もしかしたら、20数年以上前に亡くなった母がお盆に帰ってきて、父を施設に入れるきっかけを作ってくれたような気がします。
父にとっては痛い怪我でしたが、軽微な骨折であっても、次回転倒して大きな骨折をすると、どうなるのかを身をもって考えたのでしょう。また、歩けなくなると、食事の用意やお風呂、買い物などに支障が出て、体が弱り、これからの季節、また肺炎などの疾患になりやすくなります。そんなことも考えたのでしょう。
施設に入ることを拒んでいた父に、決心させるための機会を与えてくれた様な気がするのです。

父自身も、肺炎から退院した直後は自力で頑張ると言い、年齢にしては非常に頑張った父でした。だからこそ、出来る限りの事をやったからこそ、決心も付いたのだと思います。

そして、私たち家族も、退院直後は、転居や同居、施設など色々なことを考えましたが、無理やり対応せずに、父のやりたい様に生活し、それを支えてきたのが良かったのかな?と思っています。
それにしても、父や私たちのケースは、タイミングといい、その後の経過といい、非常に恵まれたケースでした。これも母の導きかもしれません。
無理やりではなく、時には流れに身を任せる。これも良い解決になるものだと思うのでした。

ありがとう、おふくろさん。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


あの世のおふくろさんに←"ぽちっとな"で感謝お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/960-6ca6888c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR