FC2ブログ

Entries

お江戸で古いホテルと 歌舞伎

ええわ~ 主夫です。

東京の御茶ノ水にある山の上ホテルがリニューアルられたのに伴って、宿泊する機会を得ました。
20191206-1.jpg

山の上ホテルと言えば、主夫の好きな作家のおひとり、池波正太郎さんも執筆活動時の定宿とされていたホテルで、客室数の少ない小さなホテルですが、日本の「おもてなし」を代表するような落ち着いた雰囲気とスタッフの心配りが気持ちいホテルです。

建物も昭和12年建築で、建築好きの主夫にはうれしい。
20191206-5.jpg

庭付きのスイートルームを見せていただきました。
落ち着いてますね~。庭の蹲には鳥が水浴びに来ていたり、
20191206-4.jpg

調度品も品がよかったり、
20191206-3.jpg

エアコンの空気取り入れ口のカバーもレトロで美しい。
20191206-2.jpg

さて、お江戸の目的のもう一つは、坂東玉三郎さんの『檀浦兜軍記 阿古屋』です。
歌舞伎座の4階に一幕見席があり、格安で一幕だけ見ることができます。
4階からの俯瞰鑑賞ですが、舞台や両袖が全て見渡せるので、なかない良いです。
20191206-7.jpg

『壇浦兜軍記 阿古屋』は舞踊は少ないですが、阿古屋役の玉三郎さんが、琴、三味線、胡弓を奏でる演目で、三味線との掛け合いも聴きものです。
20191206-6.jpg

たまには、こういう楽しみもなきゃね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/4815-b78b1e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR