FC2ブログ

Entries

Mac のHFSから データを救い出しました

どうにか救済 主夫です。

友人から「Macで使ってる外付けUSB-HDDが認識しなくなったんだけど、データーだけでも拾い出せない?」と相談を受けました。
もしかしたら、HDD本体じゃなくて、USBのインターフェースが故障している可能性があります。それならHDDはそのまま使えるので、とりあえずご入院。

TranscendのTS1TSJ25D2 容量1TB。分解しました。
20190924-1.jpg

HDDはラバーで包まれていて、それなりに耐衝撃性を配慮しているようですね。
中身のHDDはSAMSUNG HN-M101MBB/JP3 1TB SATA 5400rpm
20190924-10.jpg

主夫はMac持っていないので、Windows 10 で作業します。
コンピューターの管理から 記憶領域⇒ディスクの管理を開くと、ディスク3 パーティション2が認識されています。これはデータをバックアップできる可能性が高いです。
20190924-2.jpg

Macで使われているファイルシステムはHFSもしくはHFS+なので、Windowsではそのまま認識できません。そこで、フリーのソフトHFSexplorerをインストールします。
http://www.catacombae.org/hfsexplorer/
20190924-3.jpg

インストール完了後、HFSexplorerを起動して、File⇒Load file system device を選択。
20190924-4.jpg

Select Deviceを選び、プルダウンから先ほどのHarddisk 3 Partition 2を選択して、Loadボタンをぽちっとな。
20190924-5.jpg

すると、ファイルシステムの中身が表示されます。あとはバックアップしたいデータを選択してExtractするだけ。
20190924-6.jpg

バックアップ先のディレクトリを選択して、
20190924-7.jpg

Extractを開始すると、進捗状況が判ります。
20190924-8.jpg

もし、壊れているファイルやディレクトリがあると、ERRORが表示されるので、Abortボタンを押し、再度 File⇒Load file system device を選択。して、壊れているファイルをスキップしてExtractを継続します。自動的にスキップしてくれればいいんだけど、その機能は無いみたい。まぁ、Freeだしね。

それでもHFSで使っているファイル名などで、Windowsの規則に適合しないものは自動的にRenameしてくれる機能もあるので、結構便利。

最終的には212GB分のデータを取り出すことが出来ました。必要なファイルのバックアップ成功率は98%ぐらいかな。
20190924-9.jpg

そうそう、このHDDは死にかけている状態だったので、わりと楽でしたが、起動時に全く認識しないとお手上げです。日ごろからバックアップ取るか、クラウドストレージにUPしておくなどの対策が必要です。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/4742-c5e7aa6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR