FC2ブログ

Entries

人口東京圏集中 の主夫が考えた理由

考えてしまった 主夫です。

25日付の日経新聞朝刊に面白い記事が2つありました。
その① 『進化する経済 見えざる資産、成長の源に無形資産、有形の1.5倍に 情報つなぎ価値創る』(Nikkei) 「富の源泉はモノではなく、データや知識など形のない資産に移った。」という内容。
20190225-1.jpg

モノを製造して、販売して、所有することが豊かさを生むのではなく、データを上手くつなぎ合わせてサービスを利用することが豊かさを生むことに代わったのだと。

そしてもう一つの記事②は『止まらぬ人口東京圏集中 18年、43道府県から流入 大都市、「ダム」にならず』(Nikkei) 宮城、愛知、大阪、福岡など、周辺の都道府県から大学時代に移動してきた学生も最終的には東京に就職などで移動して、人口の東京一極集中が止まらない。というもの。
20190225-2.jpg

要因として「所得がより高いところに引き寄せられている」と分析。と記事には書かれているけれど、
主夫はそれだけじゃなくて、記事①のように、複数のサービスが有り、かつ、そのサービスが競争によってどんどん最適化されて良くなって、使い方次第で便利に&豊かに暮らせる環境が東京圏には有るからだと思うわけ。そしてそのコストが安い。

例えば、鉄道の初乘り運賃と1キロ当たり運賃の比較。(鉄道事業者の運賃比較 )
20190225-3.jpg

圧倒的に東京圏が安く、運行本数も多く、複数の移動手段の選択肢がある。地方だと運行本数が少なく、結局は車を保有することになり、他の選択肢が無くなる。

例えば食料品店。
主夫の実家もそうだけど、田舎には個人の八百屋さん、魚屋は全く無くなった。薬屋も無い。なので、車でMaxvalueなどの大手チェーンストアか、ドラッグストア、コンビニに行くしかない。勿論高齢者が歩いて行くにはつらい距離。

でも、都市の場合、どっこい個人商店が残っていたりする。スーパーも競合が多く、徒歩距離圏に複数ある。ドラグストア、コンビニは言うに及ばず。駅前、駅ナカ、デパート。選択肢が多い。

さらに、音楽・美術・カルチャー関連に至っては比べようもない。

ちょっと考えが飛躍するかもしれないけれど、都市は、物を所有せずに、かつ、お金を使わずに豊かになれる方法が急成長しているのかもね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/4531-51178e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR