FC2ブログ

Entries

在宅勤務はインフルエンザから逃れられるのか?

隔離されてます 主夫です。

インフルエンザの流行が拡大して警報が発令されています。
20190110-2.jpg

でも、主夫は在宅でお仕事なので、混み合う通勤電車に乗ることもなく、食料品の買出し以外に外に出ることもなく、安全だも~~ん。
なんて、思っていたら、外回り営業主体のカミさんが、きっちり頂いてまいりました。
診察によればA型らしいです。

シオノギ製薬のゾフルーザーが処方され、熱も下がってちょっと安心。今は1回の投与で十分なんですね。
20190110-1.jpg

インフルエンザは、家庭内感染のリスクが高く、感染予防対策には下記の様なものがありました。

① 同じ食卓を囲むと、どうしても距離が近くなりがちです。なるべく距離を取り、顔の向きを互いに真正面にしないようにする。
なんか、個食みたいで寂しいです。貴族の大きな館にある長いテーブルの両端に座って食べる感じ?
でも、使った食器などは食洗機で高温洗浄乾燥させるのがいいかな。

② 眠るとき、同じ部屋であれば、枕の向きをそろえて並んで寝るのではなく、互い違いにするだけでも、相手の顔からの距離がとれるようになります。
むむむ。足が臭いよ~とか?

③ 眠るときも別室にするのが理想。
なので、ベッドはカミさんに譲り、主夫はリビングのソファーベッドで一人寂しく寝ています。

④ 接触感染は、咳やくしゃみでウィルスを含む唾液の飛沫や鼻水が手などにつき、それがドアノブなどの共用部を介して他の人に広がるので、タオル等は別にする。
これは即刻対策しました。

統計によれば、家族の中で最も感染源になる確率の高いのは父親だそうです。
働き方改革が進んで、在宅や時差出勤、ノマドWORKが定着すれば、インフルエンザ等の感染拡大も縮小するようになりますかね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/4485-2aaf5c6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR