FC2ブログ

Entries

株価暴落局面での意地悪な計算

そして誰も言わなくなった 主夫です。

いや~、株式相場がここ数週間大荒れですね。New Yorkダウも、日経平均も、Topicsも連鎖反応で下げまくっています(グラフはダウ)。
20181026-1.jpg

日経平均は10月1日の終値24,270円から、26日の終値の21,184円まで、2,942円も下げています。実に12.1%の下げです。9月まででの上昇局面で、政府や金融機関、メディアに至るまで、「これからは貯蓄から投資へ、資産形成の時代へ」と言っていましたが、今では誰も言わなくなりました。
20181026-3.jpg

今年の春には金融庁が「つみたてNISAフェスティバル」なんていう、個人投資家向けのイベントも開催していたのにどこ吹く風。そりゃ、NISAで非課税になるのは利益分ですから、最近の下落で損実を抱えた方はそれどころじゃありません。
20181026-2.jpg

そこで、ちょっと面白い(意地悪な?)試算をしてみました。

今年の大発会1月4日から、日銀のETF買いに見習って、毎日終値で日経レバ/ETFを1単位づつ毎日買ったと仮定しましょう。
今回の暴落が始まる10月3日の直前=10月2日まで続けると、185単位となり、投資金額合計は3,728,770円です。(手数料は考慮していません)
もし、10月3日の暴落初日に、「これはヤバいぞ!」と思って、全部売却したら、4,341,950での売却となり、613,180円の利益(税抜き前)が得られました。運用利回り16.4%にもなります。
しかし、そのまま持ち続け、10月26日になると、保有金額は3,324,450円となって、404,320円(10.8%)の損失です。

さて、これまで貯金しかしてこなかった人が、積立貯金の感覚で積み立てNISAをしていた場合、10月3日に売却できた方はどれぐらいいるのでしょうか?
この状況を見たら、やっぱり「投資は怖いもの」と思ってしまうのではないでしょうか?

もし、政府や金融機関が本気で国民を貯蓄から投資へ移行させたいのであれば、「簡単に積立できます」なんて安易なことを言わないで、しっかりとした投資の教育が必要なんじゃないでしょうか?もしくは、それらをあてにしないで、自分でしっかりと勉強する事が必要です。

そうそう、毎日、日経レバ/ETFの終値と同額を普通預金に積立貯金していたら、損失はゼロです。しかも売買に関する手数料は一切掛かりません。
ほらね。貯金に勝るものなしと思えてきますよね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/4409-4b2ee202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR