FC2ブログ

Entries

欧州鉄道旅 その3 『 アズレージョ 』

再び乗りに 主夫です。

ポルトガルはアズレージョ (azulejo)というタイルを使った装飾が有名です。
世界遺産・歴史都市に相応しく、アルマス聖堂に代表されるように多くの建物に使われています。

20180805-01.jpg

そこから坂道を下っていくと、サン・ベント駅に到着。
20180805-02.jpg

駅の外観は石造りですが、ホールでは見事なアズレージョ を見ることが出来ます。
見上げる人、撮影する人、案内人の話を聞く人など観光客が沢山来ていていました。
20180805-03.jpg

ホールのアズレージョは1930年に作成されたとのこと。
20180805-04.jpg

20180805-05.jpg

もちろん駅なので、ちゃんと列車が発着しています。
20180805-06.jpg

ホームには、Regional Sweets と書かれたお菓子の売店や、
20180805-07.jpg

ビートルバスをイメージしたWeeelのFrozen ヨーグルトの売店などもありました。
(http://www.weeel.pt/)
20180805-08.jpg

ホームでは、出発時間を過ぎた列車が、マダムの乗車を待っていたりして、まったり感が嬉しくなります。
20180805-09.jpg

さて、もう一度トラムに乗るため、1番線の電停 INFANTE に来ました。
落ち着いた色の車両ですね。
20180805-11.jpg

後ろに見えるのはサン・フランシスコ教会。建築は14世紀。
20180805-10.jpg

ここからも沢山のお客さんが乗車しますね。
20180805-12.jpg

サン・フランシスコ教会前の階段上から、少しだけですが俯瞰撮影が出来ます。
20180805-13.jpg

集電ポールが1本の車両の場合は、運転手さんがポールの向きを変える作業を見ることもできるお勧めスポットです。
20180805-14.jpg

車内は木製で落ち着いた感じ。
20180805-15.jpg

少年が覗き込みたくなる気持ちがよく判ります。
20180805-16.jpg

本屋さんには、トラムの3Dパズルが有りました。日本の路面電車ももっと観光化して、乗客が増えるといいなぁ~と思いますね。
20180805-17.jpg

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/4327-d581637d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR