FC2ブログ

Entries

ふるさと納税の限度額

算盤が好きな 主夫です。

11月も最終週になりましたね。11月の給与明細を頂いたので、そろそそちゃんと計算しなくてはと思うのが、ふるさと納税の限度額です。
ところがこれが、なかなに難しい。

一応給与所得者の主夫の給与は年俸制。まずは、毎月支払われる固定分と、四半期ごとに支払われる業績給に分割されます。業績給は前四半期の業績によって反動するため、支払われるときまで幾らになるのか判りません。次の支払いは12月なので、それまで今年の総収入が判りません。

そして、総収入が判らないと、控除額の合計となる社会保険料控除額が判りません。医療費控除も12月に風邪をひくかもしれないので、まだ不確定要素有りです。

でも、目安だけは付けておきたい。
そこで、シミュレーターを使って自己負担額2,000円に収まるふる里納税寄付額を計算します。
まずは、ふるさとチョイスのサイト。(控除金額シミュレーション)
「詳細シミュレーション」を選択しても、住民税の均等割り額が反映されていないためか、甘めに金額が表示されます。
20171126-0.jpg

次は、INTECのシミュレーター。『このページは弊社製品「住民税額シミュレーションシステム」の自治体さま向け試用版です。一般の方のご利用はご遠慮ください。』なんて書かれているけれど、試しに使ってみることができます。但し、結果は自己責任。(Intec)
一般的な計算が可能です。
20171126-1.jpg

自治体によって、住民税額や均等割り額が異なるので、正確にシミュレーションするには個々の自治体が提供しているサイトを利用するのが一番です。
20171126-3.jpg

さて、12月の年末ぎりぎり、駆け込み納付に向けて準備しなくっちゃ。
ケチケチ。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/4075-477bc995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR