FC2ブログ

Entries

解体届手続き完了

どっこい生き残る? 主夫です。

先日届いた車の解体処理証明を持って、陸運局に解体届手続きに行ってきました。
予め調べて行ったとはいえ、「記載漏れなどがあるかも?」と思いながら窓口に提出
(画像はイメージです)
20170227-1.jpg

しばらくすると「主夫さ~ん」とお呼び出しがあり、
 「ここに印鑑お願いします」とのこと。
記載例には「実印」となっていたのですが、一時抹消を行った後の解体届は認印でO.K.となっていたので、知っていて捺印しなかったのです。これは想定内。
 「それと、もう一枚。手数料納付書に住所と氏名、車の登録番号を記載ください」と。
届出費用は無料でも手数料納付書は書かなければならないようです。

再度提出して、ちょっと待っていると、再び「主夫さ~ん」とお呼び出し。
 「重量税の還付があるので、申請書のこの部分にも記載してくださいね」 と有りがたいご指導。
あ~日本に住んでて良かったぁ~ と思った瞬間でした。
公務員の着服や賄賂が普通の国だったら、きっと黙っていたに違いない?

三度記載して提出。
しばらくすると、「自動車重量税還付申請付表1」が交付されて、先日の車検で支払った45,600円がそっくりそのまま戻ってきます。
20170227-3.jpg

しかし、運輸局の窓口の仕事を見ていると、皆さん手際よく処理しているなと思います。書類は全て紙ベース。記載間違いや印紙の有無、証明書との付き合わせなどを次から次へと処理して、再チェックの次の担当に手渡して、そしてまた次へ。
AIが進歩すると、これらの仕事は無くなると言われますが、現場を見れば絶対に無くならないだろうなと思いますね。マークシートでもなく、全て漢字とカタカナ、ふらがな、数字、それに画像認識。AIでやろうと思っても、開発費が膨大になりそうです。

そりゃね、刑事コロンボに出てくるロボットのようなのが、係員になればできるかもしれないけれど…。

20170227-2.jpg

まぁ、無理じゃないかな。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/3803-5d218553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR