FC2ブログ

Entries

花森安治を 壁に掛ける

楽しむために 主夫です。

暮しの手帖社出版の『花森安治のデザイン』
20160925-0.jpg

Amazon.co.jpの売れ筋ランキングで最近1位らしく、中古価格が新品よりも高くなっているほどの人気。
図書館の予約もなかなか順番が来ませんでしたが、やく借りることができました。

さて、借りた本は返さなければならないので、お気に入りの画像をスキャナで保存。
スキャンしているうちに、壁にかけて楽しみたくなりました
本をコピーして楽しむのは著作権違反?と思いつつも実行あるのみ。

先ずは試しに100円均一Seriaの「木製写真立で 両面タイプ」を購入。
20160925-1.jpg
このフレームは2枚のガラスで写真をはさみ込む構造で、はさんだ絵を立体的に空間に浮かんだようにディスプレイできるのです。

木製といっても100均なので、造りは荒いです。サンドペーパーで表面を滑らかにします。
20160925-2.jpg

プラモデル用の水性塗料を使って色塗り。落ち着いた感じになりますね。
20160925-3.jpg

ガラスを上部から入れることにして、溝はそのままなので、
20160925-4.jpg

シートを貼って目隠しします。
20160925-5.jpg

フレームのサイズは収納サイズは104 x 148mm。
89x127mmのL版サイズで印刷すると、余白が無くなって不格好。
なので、その半分の大きさにスキャナで取り込んだお気に入り画像を印刷します。

6枚を壁に並べて掛けるとこんな感じ。
20160925-6.jpg

完成。
ガラスを透過して壁紙がマット紙の代わりになってます。


にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/3648-0a052efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR