FC2ブログ

Entries

海外でのデビッドカード実地検証

実地検証 主夫です。

今回のイタリア旅行では支払いに5種類の方法で行って、どれがお得なのかを実地検証しました。
もっとも確かめたかったのは、昨年作成したSONY BankのVISA デッドカード(こちら)

5種類とは、
① SONY BankのVISA デッドカード 外貨預金に残高が有る場合
② SONY BankのVISA デッドカード 外貨預金に残高が無い場合
③ Yahoo クレジットカード Master
④ 楽天クレジットカード Master
⑤ SONY BankのVISA デッドカード 外貨預金に残高が有る場合で海外ATMで引き落とし

①~④の最終的なユーロ/円レートをグラフにするとこんな具合です。
20160511.jpg

あらかじめ①用にユーロを購入したレートは122.87円/Euro。
現地に到着した初日はまだ円安傾向だったので、①が優位です。
そのうち急激な円高に進行して公式レートは121円後半~123円未満で推移します(青線)。

①は、外貨口座から引き落とされるので、常にレートは購入したと機の122.87円/E となって、手数料も掛かりません。(紫線)
②は、カードは作って外貨口座を開設し、デビッドで支払います。外貨口座の残高をゼロとしているために、即刻日本円口座から為替変換されて引き落とされます。旅行後半の円高のときは②が優位となっています。(オレンジ)
③④の通常のクレジットカード決済は、レートの変動が少ない代わりに2~3円/Euroの手数料が必ず乗っている様です。(赤・緑)

結果、①と②の組み合わせがもっともお得な事がわかりました。
一人で旅行するときは①②の両方の方法をとる事は手間が掛かりますが、二人で旅行するならば、一人が外貨口座に残高を残しておき、もう一人が外貨口座の残高をゼロにしておけば、そのときのレートを見ながらどちらを使うのかを選択できます。

現金は海外ATM手数料など1.76%が発生するので、割高になりますが、レートに換算すると122.87が125.03円/Euroとなり、③④のクレジットカード決済と似たり寄ったりです。空港などでの両替よりも有るかに優位。

これからもデビッドカードを活用したいと思いましたね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/3511-b14274a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR