FC2ブログ

Entries

美術品はなぜ盗まれるのか

ちょっと硬いけど 主夫です。

図書館で借りてきた本「美術品はなぜ盗まれるのか: ターナーを取り戻した学芸員の静かな闘い」を読んでいます。

20150123.jpg

高額な美術品を盗む組織があるらしい。そりゃね。1枚の絵が数十億円もすれば、現金や金塊を盗むよりは難易度が低いかもしれませんが、盗んでコレクションするというよりは、いずれお金に換えるわけですから盗品を売買する組織もあるということですね。

さて、この本を読みながら気になったのは、街中にある中小のギャラリーは、預かっている作品の盗難とか破損に対してどのように対処するのか?ということです。
例えば、陶磁器を扱うギャラリーや骨董品店で、1つ数万円の作品がお客様の不注意で割れてしまった場合、金額はお客様に請求?保険で弁償?作家が諦める?
絵のギャラリーで盗まれたときも同様?

ギャラリーの経営者さんはどう対処しているのでしょうね?

Side Home DadNory@Side Home Dad*のホームページ

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/3037-0812b1ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR