FC2ブログ

Entries

個人商店の方向性

個人商店の底力 主夫です。

パンの師匠ブロート・ヒューゲルさんのオフ会に参加してきました。
会場は、ドイツ繋がりのファインメッカーサイトウさんhttp://www.feinschmecker-saitou.com/
基本的なドイツのソーセージ&ハムの製造方法を踏襲したお店です。

メニューとして出していただいたソーセージやステーキは格別。リピーターになりたいお店ですね。

20140623.jpg

オーナーの齋藤さんやヒューゲルさん、参加したメンバーと話をしていたとき、お店の運営方法に関する話題になりました。
主夫として、これからの時代はその考え方、営業方法が主流になるに違いないと思ったのは、
 「美味しい物を作ろうとすると、コストと時間が掛かって、お店としては儲からない。」
 「儲けようとすると、味が落ちていくので、それは許せない。」
 「この2つのせめぎ合いの中で、美味しい物、作ることを大切にして商品を提供していきたい。」

そう、店は小さい。従業員さんもオーナだけか、ご家族か、1~2名。だからこそ、大量製造、大量販売のステレオ企業にはない独自の商品がそこにはある。
これこそ、世界で一番美味しいものが食べられる日本の、これからの商店の在り方の主流になるのだと思います。

Side Home DadNory@Side Home Dad*のホームページ

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

[C11]

「薄利多売」ではなく、儲けを目的としない、あくまでもお料理を喜んでくださるお客様をターゲットにすることですかね。それだけに、切磋琢磨、終りのない努力が求められますね。でないとお客様は直ぐに離れていってしまいます。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/2822-1ea37e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR