FC2ブログ

Entries

妖精

妖精と友達の 主夫です。



うちには、時々家事を手伝ってくれる妖精が訪れます。
洗濯物を干してくれたり、掃除機を掛けてくれたり、ご飯の後片付けをいつの間にかやってくれます。
カミさんは、「助かるわ」とは、口では言いませんが、心のどこかで思っているようです。
そして、この妖精のことを、「小人さん」と呼んでいます。

不思議な事に、小人さんが現れると、お菓子がいつの間にか無くなるのです。
特にドーナッツとか、あんパンなどを置いている時の出没頻度が高い様で、お手伝いをせずに、お菓子だけが無くなっている時もしばしばです。
カミさんが、
 「あれ? ドーナッツもう1個あったよね?」とか、
 「あのパン、子どもの夜食にしようと思ったのに…」とか言うときは、小人さんが現れたに違いありません。

私は、時々、小人さんの姿を見たり、小人さんと会話できたりするのですが、カミさんには見えないようです。
そうそう、小人さんがお菓子食べると、私が満足感を味わえるのは何故でしょうか?

(こんなこと言っているので、痩せないんですよね~。)


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←うちにも小人さんが居るよ。と思った方は"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/1387-74dcec26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR