FC2ブログ

Entries

アンティーク雑貨

補修する 主夫です。



お友達が購入されたアンティーク雑貨が壊れたので、修理することに。

壊れたのは、脚の底に取り付けられたスキー板の様な部分。斜めに力が加わって、縦半分に泣き別れとなったのでした。
購入したときから、割れていた板をテープで補修していた跡があります。本来は、板を新調するのが良いのですが、それでは本体と風合いの釣り合いが取れなくなって、アンティークらしさがなくなってしまします。
かと言って、板の厚さは6mm程度のため、木工用ボンドで接着しただけでは強度不足になります。
そこで、2mmのドリルで板の中心を通るように細い穴を開け、竹釘で固定するようにしました。

こんなときに役立つのがDREMELです。
穴を開けて、料理用の竹串を削って竹釘を作り、ボンドを入れて接着します。
これで大丈夫。

この方法。木箱を作るときなどにも応用できるものです。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←竹釘って便利なんだ。と思った方は、こちらも"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/1206-800bae1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR