FC2ブログ

Entries

冬の症状

冬になると持病に悩む 主夫です。



車のパワーステアリング関係の調子が良くありません。相変わらずハンドルを切ると[giyuuuu]とノイズがしています。
昨年の11/3012/1に対策したときは一時直ったのですが、再発しました。

オイルの量を調べると、規定量はいっているので問題ありません。
ノイズが発生する時と、しないときがあるので、ポンプ(16)が壊れているとも思えません。
そして、既に2010/1/23にノイズは発生して、オイル交換をしていました。ということは、気温の低いときに発症する?リウマチかいな?

同車種のユーザー事例を調べると、「Power Steering Pump Whining in Cold Temps」という書き込みがあって、同じ様に気温が低いときに発生すると説明しています。
パワーステアリングの油圧系統には、タンク(6)→ポンプ(16)に向かう負圧系(blue)と、ポンプー>タンクに戻る加圧系(red)があり、気温が低くオイルの粘度が高いときに、負圧系のホースとパイプの継ぎ目が緩んでいると、そこからエアが混入するらしいのです。
その混入したエアによって、ポンプ内でキャビテーションが発生し、ノイズとなるようです。

まずはA~Dの継ぎ目のバンドを増締めします。
Aの部分のオイルを洗浄して、ドライバーでこじると、ホースが簡単にスライドしました。ここからエアが混入している可能盛大です。バンドの増締めと、シーリング剤でコーティング。
Dはビクともしないので大丈夫そう。
BとCは手が入らないので、確かめ様がありませんでした。
これで少し様子見です。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


これで直ればよいね!と思って下さった方は、←主夫アイコンを"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/1192-360cd3e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR