FC2ブログ

Entries

中距離介護

中距離介護元年の 主夫です。



大旦那様(私の父)の生活支援の方向性が決まりました。
田舎の家での生活を継続する。

どうやら大旦那様は、退院から目を見張るほど回復したことにより、自分で生活することが可能であると自身を持ったようです。
息子の私から見れば、危なっかしいことも多いので、私たちの住むマンションに転居を考えました。でも、そんなときに出会ったのが、
「勘違いの親孝行が仇になる。ご老人にとっては、住み慣れた場所に勝るものはない」
との内容が書かれた「介護タブー集」のページでした。

住環境の設備の良い都会に転居しても、なれないマンションの部屋の中で、知人もなく生活することは、結局ベッドで寝ているか、TVを見るしかすることのない、ただただ1日が過ぎ去っていくのを待つだけの人生になります。

田舎の自分の家で生活することは、自立心を持ち、庭の木々草花の成長を楽しみ、知人と会話したり、人が訪ねて来て下さったりと、人間としての生活が担保されています。
それが、健康で人間らしい生活で少しでも長く暮らせる環境なのではないかと思い至ったのです。

その分、私たちは遠距離とまでは言えないものの、片道100kmの中距離介護が始まるわけです。これも、ボチボチと楽しめるようにしたいと思っています。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


中距離介護はどうなるのか?と思った方は、←主夫アイコンを"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/1189-00cfca78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR