FC2ブログ

Entries

鍋島

是が非でも行きたい 主夫です。



名古屋ボストン美術館から、案内状が来ました。「響きあううつわ -出光美術館日本陶磁コレクショ-」
なんと、鍋島の色絵花筏文皿が展示されるという。

この「花筏文」はカミさんの通訳案内士用名刺の背景に使わせて頂いている図柄なのです。詳細はこちら
外国から来た観光客が帰国し、名刺を見たときに、日本文化の一端を思い出してもらえたら、と思って作ったのでした。
もちろん現物を見たことは一度もありませんが、美術館が出している図録を見るだけでも、その美しさが伝わってきます。

鍋島や柿右衛門に限らず、江戸時代の中期~後期に作成された染付けの絵柄には、花鳥風月を取り入れたものが多く、写真も記録媒体も何も無いときに、自然の生きものを職人が陶磁器に生き生きと描写している作品を見ることが出来ます。
会期は2011年2月26日(土)~2011年3月27日(日)
いかなくっちゃ。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


いかなくっちゃ!と思った方は←主夫アイコンを"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://homemakerdad.blog.fc2.com/tb.php/1174-a9ef17d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR