FC2ブログ

Entries

ワクチン密売?

歴史は繰り返す? 主夫です。

ファイザーが造っているCOVID-19ワクチンが供給不足になり、接種会場が閉鎖されたり、予約が取り消さりする事が発生している様です。
『米 一部の州でコロナワクチン供給不足 接種の予約取り消しも』(NHK)
20210126-5.jpg

そして、Wall Stread Journal では、『Covid-19ワクチンが世界中で入手可能になるにつれて、ワクチン関連の詐欺も同様になる』と警鐘しています。(WSJ Twitter)
20210126-6.jpg

なんでも、ブラックマーケットに登録されているワクチン関連の数が2020年11月以降非常に増えているらしい。
20210126-7.jpg

そして、毎日新聞では「個人輸入の形で国内未承認のワクチンを手に入れ、日本を代表する企業の経営者やその家族・知人18人など一部の富裕層が接種」と報じています。

これらをきいて1949年に公開された映画 『第3の男』 を思い出しました。
20210126-0.jpg

主に軍病院で処方されてたペニシリンを盗み出し、水で薄めた粗悪品を闇で売りさばくとい事件が背景です。実話に基づいた脚本と言われています。
20210126-2.jpg

映画の中で事件を捜査しているキャロウェイ少佐は
薄めたペニシリンを注射された婦人や乳児が死亡したり、脚が壊疽したり、子供は精神病院送りになる とその害を語ります。
20210126-3.jpg

小児病棟に連れていかれた主人公は、その有様を見て、捜査に協力するようになります。
20210126-1.jpg

さて、ブラックマーケットに流れるCOVID-19 のワクチン。
WHOも懸念している様に、今後、大きな弊害を生むかもしれません。
なんてこった。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR