FC2ブログ

Entries

希望の居住地は 都心回帰

ぷち都会好きな 主夫です。

NHKのオンデマンドサイト:NHKプラスを見ていたら『クローズアップ現代+▽都心の不動産が人気コロナ禍で二極化なぜ 海外投資家も注目 』なんて番組がありました。

コロナ禍の影響で緊急事態宣言が発令された2~4月は不動産取引が急激に低下したけれど、最近は活況になっているとか、それも東京の中心地域に限ったことらし。
湾岸エリアのタワマンでは築13年の2LDK物件・当時の分譲価格4,100万円が現在は8.100万円だとか。すごいわ~。
20201009-6.jpg

購入層はコロナ禍の影響を受けていない高額所得者層で、Power Cuple などらしい。
NHKが参照データとして用いた大久保敏弘(慶應義塾大学経済学部 教授)のオリジナルペーパー『コロナショックが加速させる格差拡大―所得格差とデジタル格差の「負の連鎖」―』(NIRA)を見たら、6月時点(対3月比)で、所得が高いほど減収率は低いです。
20201009-5.jpg

一つの例として、コロナ禍で2月以降在宅勤務されていた方が、週1,2回の出勤になり、電車通勤が面倒になったので、自転車で通勤できる都心に引っ越したのだとか。
20201009-2.jpg

アフターコロナで、地方移住してリモートワークとか、リゾート地でワーケーションとか言われているけれど、統計的には都心に住みたい人が多いみたいね。
20201009-4.jpg


さて、もし主夫が都心の会社に勤務していると仮定した場合、主夫も都心に住みたいですね。
理由は
 出社する時だけじゃなく、プライベートでも移動が便利。
 飲食店や買い物の選択肢が増える。
 図書館・文化施設・劇場・映画館・ライブハウスなどのが多い。
 医療サービスの選択肢も増える。
 働き盛りだとしたら、高収入を得られる転職先を見つけられる可能性が高い。
 夫婦共働きだとすれば、お互いに高収入を得られる機会が増える。
こんなところ。

番組の締めくくりには、コロナ禍の影響で住むところを無くした人たちへの配慮とか、地方移住も選択肢の一つで、「地方や郊外がチャンス。またそれが問われている」と言っていたけれど、番組の趣旨としては外れている感じだったかな。

住む場所は人生に大きな影響を与えるので、住宅の購入は人生のうち何回もある事じゃないからこそ、真剣に考えないとね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR