FC2ブログ

Entries

コロナ 川柳

老婆心? 主夫です。

ヨーロッパでコロナの感染が再拡大してきましたね。
まぁ~ 夏のバカンスシーズンに観光産業対策もあってか、移動制限や飲食店の営業を緩和したのだから、そうなるわな。

そして日本はGoToキャンペーン。
4連休初日21日の京都。
20200926-1.jpg

横浜中華街。
20200926-2.jpg

インタビューに答えていた方は「そろそろ1日くらいは出かけても良いかな」と。

まぁ~、主夫も9ヶ月間も自粛ムードなんで、疲れたわ。
3密を避けて…なんて行政は行ってるけど、ムリ。
先日お役所に行った時も、マイナンバーカードの待ち行列には2メートル間隔の椅子が置かれていたけれど、その他の窓口の待合スペースには人がびっしり。

まぁね。1月の様に全てに神経質になって恐れることは必要ないと思うけれど…。
状況は変わってないよね、というか、1日当たりの新規感染者数春よりも高いし…。
20200926-3.jpg

赤信号皆で渡れば怖くない。
【主夫の コロナ川柳】
3密も、大声だしても、マスクすりゃ、私もあなたも皆大丈夫!

ってか?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



新しい「鉄」の分類

巣籠もり鉄の 主夫です。

友人から「新しい『鉄』のお店が出来たよ」とLINEが来ました。
運転手シミュレーターがあったり、
20200925-2.jpg

鉄道関連のグッズが売られているらしい。
20200925-3.jpg

行ってみるかな?

最近主夫のお気に入りはYoutube で昔の客車の走行音を聞くこと。
画像が流れないので、パソコン作業しながら聞き流すのに好都合。

コロナの影響で「乗り鉄」に行けないので、音を聞いているだけで、列車に乗っている気分になれます。
画像は「トンネル鉄橋スイッチバックの山陰本線 普通 出雲市行」(Youtube)
20200925-1.jpg

聴いているうちに松本清張の映画 『張り込み』(1958年松竹)(Amazon) を観たくなりました。
20200925-5.jpg

張り込みは映画の冒頭8分弱が横浜駅から佐賀駅まで、刑事が列車で移動するシーンで始まります。
Net情報を引用させていただくと、

急行「さつま」  東京―西鹿児島(1956~58、廃止は1965)
1956年の時刻表では、東京発21:45~西鹿児島着5:46(翌々日)
運行時間32時間1分で、東京―大阪が夜行で、山陽路をお昼に延々と下り、博多―西鹿児島は再び夜行になり、朝方鹿児島に着くような列車だったのです。
1956~7年 A寝台1両半、グリーン車3両半、食堂車1両、普通座席車6両
1958年   A寝台半両、グリーン車2両半、食堂車1両、B寝台3両、普通座席車4両

なので、Youtubeで走行音を聞いているような客車列車なんですね。

20200925-4.jpg

最近客車列車少ないので、どちらも貴重ですわ~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

結局 iDeCo は

こんなところかな 主夫です。

個人型DC iDeCoの再検討。
iDeCoの受け取り方法の再検討を行った結果、【一時金受取り】と【年金受取り】を合わせた【併給】がお得だという試算になりました。
20200924-3.jpg

理由は、
① 一時金受取りは退職金扱いとなり、税の優遇が多い。
② 年金受け取りは税額控除限度額を活用できる。
③ 65歳からは公的年金が支払われるため、年金額が増える。
ということで、

まず、60~65歳未満の5年間で、公的年金控除額(65歳未満)60万+基礎控除48万=控除額合計108万円ギリギリになるように、月額9万円を1年払い108万円として5年間うけとります。

残りの金額を一時金受取りとすれば、もっとも節約できる退職金控除額が
 調整後通算加入者等期間 x 40万 となって、最も節税できるパターンとなりました。

ここで問題なのは、加入するiDeCoの金融機関が【併給】に対応しているかどうかです。
これは、移行手続き前に確認が必要です。

さて、受け取り時に手数料や税金がかかるiDeCoですが、トータルで考える事も必要です。
勤務先が企業型確定拠出年金401Kを採用した場合、年金を401Kとして運用するか、運用せずに給与への上乗せとして受け取るかの選択ができると思います。

運用した場合と、給与上乗せで受け取った場合の税額控除の差は、
40~60歳未満の20年間、月額4万円積立、年収500万円で計算すると、差額は2,599,000円になります。(SBIシミュレーター)
20200924-2.jpg

企業型401Kではなく、iDeCo で同条件で積み立てた場合は1,859,000円の税額軽減になります。(iDeCo公式サイト)
20200924-1.jpg

そして、960万を【併給】で受けっとった場合の支払い税額合計は376,575円となりまして、
企業型401Kの場合は、2,222,425円のお得
iDeCoの場合は、1,482,425円のお得
(手数料等は考慮していません)

となるようで、まぁ~、勤務先に401Kが有れば加入した方がお得かもね。という感じですね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

線路は続くよ

これは! 主夫です。

主夫の好きな鉄道番組 NHKの「沁みる夜汽車」。
20200923-1.jpg

2019夏 「親子をつなぐ鉄道画?西武鉄道?」(NHK)の主人公:福島尚さんの鉄道画集『~線路は続くよ~』(Amazon) を入手しました。
20200923-3.jpg

本の表紙にもなっている「首都圏 大宮駅」が有名で、写真を観ずに記憶だけでち密に書き上げる素晴らしさが表れてますね。
20200923-2.jpg

福島さんの絵は緻密ばかりではなく、三鉄の風景画とか、
20200923-4.jpg

八高南線の夕暮れとか、
20200923-5.jpg

描写の美しい絵も有って、お気に入りの一冊になりました。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

iDeCoの移管手続きは、特別給付金10万円の処理速度以下?

決めました 主夫です。

個人型DC iDeCoの最終回?
いろいろとiDeCoに関して調べた結果、主夫の場合は下記の方法にすることに決めました。

1.金融機関
iDeCoを委託する金融機関は証券系にしました。
理由は、
① 「運用指図者」として資産移管のみを行うので、毎月の手数料が66円で最安値となること。
② 運用方法に、現在口座を持っていない銀行の定期預金が選択できること。
③ 受け取り時に 証券会社口座から銀行口座に出金する場合の振込手数料が無料であること。

2.受け取り時の課税対策。
受け取り方法は退職金としての一括受取りが下記の様に有利になると思ていたんです。60歳になるときの『通算加入者等期間』は20年を超えるので退職金控除額が
 800万円 + 70万円 × (通算加入者等期間 - 20年)
になり、年金受け取り方法よりも控除額が大きく納税額が少なくなる。

でも、損保ジャパンで見つけた説明「老齢一時金と退職所得控除についてPDF」によると、
「本年および前年以前 14年以内に別途退職手当等が支給されている場合は、退職所得控除額の調整が行われます。」と注意書きがあって…
20200922-0.jpg

こりゃ再検討ですな。
というわけで、受け取り方法は未定。まぁ~、まだまだ時間あるしね。

さてさて、決めた以上は早速手続きをWEBで申し込んだんだけど、それで完了!と思いきや…。

① WEBで書類請求すると書類が送られてくる。
② 届いた書類(加入申出書)に記名・押印して、同封の封筒に入れてポストに投函
③ iDeCoの実施機関(国民年金基金連合会)で審査があるため、手続きが完了するまで1~2ヶ月ほど掛かるらしい。以前の確定拠出年金制度から資産等が移換されるまでは2~3ヶ月掛かるらしい。
④ 審査が完了しましたら、通知が封書で自宅に届く。
  通知書類の内容
  国民年金基金連合会から「個人型年金加入確認通知書」
  日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー(JIS&T社)から「口座開設のお知らせ」 「コールセンター/インターネットパスワードの設定のお知らせ」
20200922-2.jpg

おいおい、国民年金基金連合会は加入時費用 2,829円も取っておきながら2~3ヶ月ほど掛かるって、どういうこと?
その審査期間中は通算加入者等期間に含まれるの?

も~ 考えるのイヤになってきた。
つづく。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

個人型DC iDeCo は 手数料取り放題?

やっぱりね 主夫です。

個人型DC iDeCoのつづき。
引き続きiDeCoに関していろいろ調べてみました。

1.運用手数料
【「運用指図者」として資産移管のみを行う】ことに決めましたが、運用するには手数料が発生します。金融機関毎に異なっているので、iDeCo ナビ https://www.dcnenkin.jp/
 トップページ > 取扱金融機関比較 > 手数料で比較 ページで一覧表示してまとめました。
https://www.dcnenkin.jp/search/commission.php
20200921-0.jpg

初回のみの加入時費用:2,829円はどこでも同じで、これは『国民年金基金連合会』に支払う手数料。
積み立てを継続する場合に、掛金納付の都度支払う加入者手数料:105円もどこでも同じで、これも『国民年金基金連合会』に支払う手数料。
各金融機関で異なる手数料は月額で66~524円と幅が有ります。

例えば、運用指示期間を3年間とした場合の手数料合計比較はグラフの様になって、平均値が最も高いのは銀行系12,622円、低いのは証券系金融機関で4,759円。
最大値は銀行の18,664円。最小値は2,376円と、16,448円もの差になります。
20200921-1.jpg

もしも、30歳から60歳になるまでの30年間積み立てて運用したとすると、最大226,440円。最小61,500円となって、その差は164,880円なんて大きな額になりますね。(加入者手数料:105円含む)
これを定期預金で積み立てると金利は良くて0.01%ですから、積み立てるだけで赤字です。

2.税金
金融機関救済制度とも受け取れるiDeCoの手数料ですが、その反論として、「積立期間中の積み立て額は所得税控除対象になり、かつ、運用益も非課税」と説明されています。

もし、毎月2万円を30年間、年利0.01%の定期預金に積み立てたら、30年後の利息は10,781円となり、最小手数料61,500円にも届きません。

なので、投資信託などの運用利回りの高い金融商品を選んだ方が良いのですが、もちろん元本割れのリスクがありますし、信託手数料が追加で必要になるなど、考慮しなければならない項目が増えます。

3.受け取り時の課税
IDeCo の加入期間は最大で60歳になるまで。『通算加入者等期間』と言いまして、下記の定義です。

通算加入者等期間とは、次に掲げる期間を合算した期間のうち、60歳になられるまでの期間のことをいいます。
企業型確定拠出年金の加入者期間および運用指図者期間
個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入者期間および運用指図者期間
他の企業年金制度等からの資産移換があった場合は、資産の移換の対象となった期間

受け取り方法は
①一時退職金 ②年金 ③一時退職金と年金 の3パターンですが、それぞれ受け取り時に所得税、県民税、市民税が掛かってきます。

①一時退職金で受け取る場合は、通算加入者等期間によって控除額が変わります。
②年金で受け取る場合は、他の公的年金受取額、年齢、所得により控除額が変わります。

各ケースで試算することが必要ですが、主夫の場合は通算加入者等期間の控除がある一時退職金 として受け取る方が有利なことが判りました。

4.受け取り時の手数料
なんと、受け取り方法の違いにかかわらず、IDeCoからお金を受け取る場合には振込の都度に受取手数料440円が掛かります。
毎月受け取る年金タイプで5年間で受け取ると、26,400円も掛かります。

例えば、銀行系で定期預金で運用する場合、
運用金融機関 ⇒ 440円 ⇒ 銀行口座 ⇒ATMで引き出し手数料 110円⇒おさいふに
なんてやってたら、どんどんお金が減っていきます。

やっぱり、iDeCoは金融機関救済政策なんだと改めて思った次第。
『国民年金基金連合会』ってものどこかからの天下り先なんでしょうかね?

そうそう、iDeCoは一度始めたら、60歳になるまで受け取れませんし、原則途中解約できません。
これ、完全に終身雇用制度と同じ様な考え方じゃないですかね?

なんだかなぁ~
つづく

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR