FC2ブログ

Entries

酒造りと 温暖化

今年も暑いのか? 主夫です。

先日酒蔵の杜氏さんと話す機会がありまして、ここ数年の大きな問題は、稲の高温障害だとのこと。

稲が高温障害に遭うと、お米が硬くなり、お酒を造るときに水を吸わせても芯まで水が入らない。
そのために麹菌が中に入って行かず、要求する発酵が得られないらしい。
20200703-1.jpg

高温障害に対応するために、契約農家さんと一緒に検討して、作付け時期を遅らせたり、ナカボシ【水田の水を抜く】期間を調整するなどで、高温障害を回避するようですが、このまま温暖化が続くと、酒造りは年々厳しくなるのではないかと心配されていました。
20200703-2.jpg

A-PLAT『気候変動適応情報プラットフォーム』にも同じようなレポートがあります。
 『高温障害から水稲を守る兵庫県の2つの取り組み』(HomePage)

酒米の代表ともいえる山田錦は、「98年以降はそれ以前にくらべて等級が悪くなっており、酒造メーカーからは「溶けが悪い」と頻繁に指摘されるようになりました。」と書かれています。
20200703-3.jpg

農業だけじゃなく、それに深く結びついた産業にも温暖化の影響が出てますね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR