FC2ブログ

Entries

2019 主夫のNetオークション実績

ミレニアルだけじゃありません2 主夫です。

日経新聞の逆襲の資本主義シリーズに『縮む消費、ミニマリスト台頭 うつろう欲望 どうつかむ』(Nikkei)という記事の続き。

「デジタル技術の台頭でシェアリングサービスや個人間取引が容易になり、モノを持つ必要性が薄れている。」と書かれていました。

う~ん、何をいまさら。
主夫がNetオークションをYahooで始めたのは2002年でした。18年前ですね。そういう意味では、ミレニアル世代はネイティブ・Netオークション世代と言えるかもしれません。

2019年の主夫のNetオークション出品実績は下のグラフでして、圧倒的にメルカリが多く76%なんです。購買層が多岐に渡っていることと、スマホが取引の主体なので、圧倒的にメルカリが優位ですね。
20200110-1.jpg

一方で、主夫が買うのはメルカリとヤフオク。
4000円以下の定額商品は配送料込みが一般的なメルカリが多いです。
20200110-2.jpg

2019年にオークションで買ったミニベロやタンスは、商品をじっくり検討してから応札するので、ヤフオクを利用しています。
細かなものを売って、その収益で大きな商品を買うという作戦。

まぁ~、新聞記事に書かれているように、製造業は苦しいでしょう。
でも、商品がNetオークションなどで消費者の間をぐるぐる回っているときには、オークションを運営しているIT企業とか、宅配企業とかにお金が落ちます。そして、実店舗では売れなかった商品も、オークションサイトでの表示回数が増えれば、売れる機会が増えます。
商品がお金の様に消費者の間を流通するという感覚ですわ。

物が必要になったら、借りるか、買う。
要らなくなったら、返すか、Netオークションで販売する。

そんな世の中ですね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR