FC2ブログ

Entries

NHKスペシャル選「彼女は安楽死を選んだ」

10月ですね 主夫です。

NHKスペシャル選「彼女は安楽死を選んだ」を観ました。
内容はこちらに掲載されています『「安楽死を遂げた日本人」に密着 私たちに問いかけたこと』

20191025-1.jpg

6月に放送された後に、障がい者らでつくるNPOが放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議申立書を送付したということからも、考えなければならない問題です。

10月は主夫にとっても生死に関わることが大きな季節なんです。
母の命日が10月20日で、主夫が大学生の時でした。
父の命日は10月26日で8年前。
番組を見ながら、いろいろ思い出して、かつ、自分自身が死ぬときはどうなるのだろうかと言うことも含めて、考えてしまいました。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

秋の超熟WEB応募キャンペーン 応募したら

初めてかも? 主夫です。

毎朝食べているPascoの食パン超熟。最寄りの食品スーパーで毎週特売が有り、1週間分買って冷凍してます。
パスコは「トーストで楽しむ 秋の超熟WEB応募キャンペーン」(HomePage)をやってまして、1斤買うと1Pointもらえるんです。

20191024-4.jpg

パンメーカーはず~っと昔から、春と秋にキャンペーンやって来ましたよね。昔は集めたポイント数に応じて、必ずお皿や食器がもらえる形式でしたが、それがいつの間にか応募ハガキにポイントシールを貼って郵送する抽選形式に変わり、今ではスマホを使ったユーザー登録&抽選です。
20191024-0.jpg

WEBキャンペーンサイトで応募すると、即時抽選開始で結果が発表されるので、応募者も企業側も手間とコストが掛かりません。企業側はユーザー情報の登録業務が減り、かつ、ポイントシールの番号でマーケティング・リサーチも出来ちゃうという、便利な仕組みになりました。
20191024-1.jpg

さて、主夫が狙ったのは5ptで当たる「レコルト クラシックケトルリーブル」 400名様。Amazonで6,600円のお品。
20191024-3.jpg

もちろん ハズレました。 あはは~
20191024-6.jpg

ハズレた人にもリベンジ抽選Amazonギフト券500円分 6,100名様があり…。
なんと! こちらに当選。500円分Getしました。
パンのキャンペーン抽選に当たるのは初めてかも。
20191024-2.jpg

これじゃぁ、元々1ptコースのAmazonギフト券を狙った方がいいのかしらん?
それとも、上位応募コースが外れた方がリベンジ抽選で当たる確率が高くなるのかしらん?
う~ん、微妙。

どちらにせよ、ユーザー登録にはSNSが必要なので、スマホは必須。
20191024-5.jpg

スマホのシェアってすでに頭打ちだと思うけれど、SoftBankのスマホデビュープランのようにガラケーユーザーをターゲットにして、残り少ないユーザーをも刈り取る作戦はいまくいくのかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

即位礼正殿の儀 と ナルド・キーンさん

いろいろ教えられました 主夫です。

昨日2019年10月22日は『即位礼正殿の儀』でした。

20191023-2.jpg

儀式の様子は、「天皇陛下の「即位の礼」に関するお知らせ」にもリンクが有る政府インターネットテレビからも視聴することが出来ます。

主夫もお年頃なのか?このような式典を伝統として保有する国に生まれて良かったなと思いますね。古来の日本文化を伝承している所は、京都御所のお留守番役こと冷泉家様や神宮各社などが有りますが、数は少ないのではないかと思っています。

さて、日本の文化を理解するという意味で、今年の2月に亡くなられたドナルド・キーンさんの『わたしの日本語修行』(amazon)を読みました。

20191023-1.jpg

日本生まれの日本人以上に、日本の古典文学や日本語を正しく理解し、正しく使われていた方であったことがよく判ります。

正岡子規の俳句
 「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」(かきくえばかねがなるなりほうりゅうじ)
が、起源は東大寺で有ったこと。それを俳句として韻を踏むために法隆寺としたこと。その発見が天皇との謁見時に、天皇がこの句を朗読されたことでより理解できたこと。等の記載もありました。

松尾芭蕉の句
 「古池や蛙飛びこむ水の音」(ふるいけやかわずとびこむみずのおと)
も、同じように韻を踏むように詠まれているとのこと。

う~ん、お恥ずかしながら、俳句が韻を踏んで読まれていることを主夫は知りませんでした。
本を読むって大切です。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

キッチンスケールの 誤差に 泣きました

敗北感 半端ない 主夫です。

カミさんのご依頼で荷物を送ることになりまして、体積のわりに重量が軽いので、最も安い配送方法は郵便の定形外になりました。

いつも封書などの重さを量るのに使っているのはTANITAのキッチンスケール。これも相当古いですが現役。

20191022-1.jpg

箱を載せて量ったら、ちょうど500gでした。
20191022-2.jpg

定形外郵便の料金は規格外で500gまでが510円。1㎏までが710円。
なので、ギリギリ510円です。

郵便局の窓口に持ち込むと局員さんに「710円です」と言われまして…。
重さは504.8gらしい…。
たった4.8gのために、追加で200円支払いました。
200円あれば、98円の特売玉子を2パック買えるじゃないか!
とほほ。

帰宅後、キッチンスケールを見てみたら、100~500gの範囲は2g単位の表示らしい。そして、500~1000gの範囲は5g単位。
つまり、496⇒498⇒500⇒505⇒510g となるんですね。
20191022-3.jpg

じゃぁ、正味500gはキッチンスケールでは何グラムと表示されるのか、硬貨を使って実験してみました。
1円硬貨:1g、5円硬貨:3.75g、10円硬貨:4.5g、50円硬貨:4g、100円硬貨:4.8g を組み合わせます。
20191022-4.jpg

すると、正味と表示の差は次のような組み合わせになりました
正味:497⇒表示:492、498⇒494、499⇒494、500⇒494、501⇒496、502⇒496、503⇒498、504⇒500g

表示が496gを超えると、正味は500gを超えるんですね。
あ~、敗北感半端ないです。
20191022-5.jpg

そうそう、今どきのTANITAのキッチンスケールは、200~1000gまでは、0.5g単位だそうです。
20191022-6.jpg
『タニタ はかり スケール 料理 洗える 2kg 0.1g ホワイト KJ-212 WH』(Amazon)

これなら良かったんだぁ~
って、買うのもなんだしなぁ~
次回から量るときは気を付けよう。


にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

解体ショー! マグロじゃありません。

スイッチ入ってます 主夫です。

お片付けスイッチが入りっぱなしのこの頃。何か処分できるものはないかな?と探していた時に見つけたのが炊飯器。
御子息様方が食べ盛りの時に使っていた5.5合炊きです。

20191021-1.jpg

いまはカミさんと二人暮らしだし、糖質制限でご飯あまり炊かないので、3合炊きの小さい炊飯器を使っています。お客さんが来た時などに、たくさん炊かないといけないことが有るかもしれないと思って取り置きしていました。

でも、テフロンも剥がれ、加熱部分も黒くなって…。
お友達が来ても、あまりたくさん食べないし…。
というわけで、解体して処分することにしました。

20191021-2.jpg

炊飯器は『HITACHI RZ-ST10 1992年製造』ということは、ご次男様が生まれる前に買ったんですね。27年前ですわ~
20191021-3.jpg

解体開始! 主夫はこういうの好きなんです。
構造が判って面白い。
20191021-4.jpg

30分ほどで完全にバラバラ。
20191021-5.jpg

電子回路や配線は、仲間がいっぱい居るお宝箱へ収納。
20191021-6.jpg

アルミや銅線は小型家電回収へリサイクル。
20191021-7.jpg

鉄製品は不燃物ゴミへ。
20191021-8.jpg

プラスチックは可燃ごみ。
20191021-9.jpg

解体せずに粗大ゴミに出せば、そのまま埋め立てられる可能性が高いですが、解体すると少しは環境にも優しくなるかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

あちゃ~ クリックポストが返送されてきました。

やっぱり窓口? 主夫です。

書類を送るときに利用している郵便の『クリックポスト』。全国一律188円でA4サイズに近い大きさが送れるばかりでなく、お問い合わせ番号で追跡もできるので、良く活用しています。
20191020-1.jpg

先日、ポストに投函したクリックポストのお問い合わせ番号がなかなか登録されないので、変だな?と思っていたら、3日後に返送されてきました。
20191020-3.jpg

送った封筒には「この荷物は次の理由によりお返しします」という貼り紙が有りました。
20191020-2.jpg

紙には理由が箇条書きになっているけれど、何処にも印が無いので、どれが返送の理由に該当したのか判らない。
う~ん、リカバリーの方法が判らないんだなこれが。

1. (大きさ・重量)が定められた制限を超えています。
  規定では長さ:14cm~34cm。幅:9cm~25cm。厚さ:3㎝以内。重量:1㎏以内。
  全て基準内なので非該当。
2. 専用ラベルが修正されています。
  そのまま印刷したのであり得ない。
3. 荷物の内容物が取り扱えません。
  書類なのでOK。
4. 専用ラベルに記載されている二次元コードが読み込めません。
  もしかしたら?
5. 専用ラベルの有効期限が経過しています。
  申し込んだ翌日ポストに投函しているから大丈夫。
6. 専用ラベルの記載データに異常があります。
  なんですのん これ?

なので、可能性が高いのは「4. 専用ラベルに記載されている二次元コードが読み込めません。」です。

クリックポストのラベルには、お届け先、バーコード、QRコードなどが印刷されます。
バーコードはスマホのQRコードリーダーなどでも認識できて、お問い合わせ番号に対応しています。
20191020-5.jpg

バーコードは、日本郵便のスマホアプリのTOP画面に有るバーコード読み取りボタンをタップしてもOK。
20191020-4.jpg

でも、QRコードは読めないんです。
スマホで読み込めれば、正しく印刷できているかどうかの確認ができるので、読み解けるアプリを探してみましたが見つかりません。
郵便局に設置されている「ゆうプリタッチ」という宛名印刷機だったら読み込めるかもしれませんが…。
20191020-6.jpg

そういえば、オークションやフリマで匿名配送ができますよね。QRコードには、それらの情報も含んでいる可能性が有るのかも。
読み込めたら匿名配送になりませんから。

ということで、確実に送りたいときは、ポストに投函するのではなく、郵便局に持ち込むのがよさそうです。
その場でQRコードの可否が判りますから。

クリックポストのラベルは申し込み時にPDFで表示されます。それをプリンタで印刷して、切り貼りするので、プリンタの調子がよくないと、QRコードが正しく印刷されません。
つまりは、家にあるプリンタの性能に依存してるのね。
とほほ~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR