FC2ブログ

Entries

ローカルバスの終点へ

バスも面白いです。 主夫です。

先日購入した旅行作家の宮脇俊三さんの本『終着駅は始発駅』(Amzon)をAmazonで検索したからなのか?あなたにお勧めの本とかで、「宮脇俊三 電子全集10 『途中下車の味/ローカルバスの終点へ』」(Amazon)というのが表示されるようになりました。

ローカル路線バスといえば、太川さん蛭子さんコンビの人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」ですよね。
20190911-2.jpg

目的地に辿り着けるのか、それとも失敗に終わるのか?お二人の性格が対極?なこともあり、主夫の好きな番組の一つでした。
カミさんは、あまり好きじゃないようで、「Netで調べたら判るんじゃないの?」とのことでして…。
でも、それじゃぁ面白くないのよ。

さらに、電車の時刻は乗り継ぎ案内等で簡単に調べられるけど、バスの時間はそうはいかないのよ。
今や公共交通のバスは人手不足と過疎化による乗客の減少で衰退傾向。バス会社が運行している路線は減って、自治体が運営している地域バスや、予約主体のオンデマンドバスが増えて、その形態は様々。

そこで、主夫が乗り鉄計画の際に利用しているのが、『バスルート - 全国バス停・路線マップ』https://bus-routes.net/ というサイト。
20190911-1.jpg

例えば、先日行ったわたらせ渓谷鐡道の通洞駅からJR日光駅までの日光市が運営している路線とか、神戸駅からダム湖の畔の国民宿舎へ行く、みどり市の路線なども調べられるので便利です。
20190911-4.jpg

さて、Amazonが教えてくれた「ローカルバスの終点へ」。
もちろんNetでいろいろ探しまして、単行本を買いました。やっぱり、面白いわ。
20190911-3.jpg

1987年から2年間雑誌「旅」に連載されたバス路線は、今はどれぐらい残っているんでしょうね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR