FC2ブログ

Entries

Mac のHFSから データを救い出しました

どうにか救済 主夫です。

友人から「Macで使ってる外付けUSB-HDDが認識しなくなったんだけど、データーだけでも拾い出せない?」と相談を受けました。
もしかしたら、HDD本体じゃなくて、USBのインターフェースが故障している可能性があります。それならHDDはそのまま使えるので、とりあえずご入院。

TranscendのTS1TSJ25D2 容量1TB。分解しました。
20190924-1.jpg

HDDはラバーで包まれていて、それなりに耐衝撃性を配慮しているようですね。
中身のHDDはSAMSUNG HN-M101MBB/JP3 1TB SATA 5400rpm
20190924-10.jpg

主夫はMac持っていないので、Windows 10 で作業します。
コンピューターの管理から 記憶領域⇒ディスクの管理を開くと、ディスク3 パーティション2が認識されています。これはデータをバックアップできる可能性が高いです。
20190924-2.jpg

Macで使われているファイルシステムはHFSもしくはHFS+なので、Windowsではそのまま認識できません。そこで、フリーのソフトHFSexplorerをインストールします。
http://www.catacombae.org/hfsexplorer/
20190924-3.jpg

インストール完了後、HFSexplorerを起動して、File⇒Load file system device を選択。
20190924-4.jpg

Select Deviceを選び、プルダウンから先ほどのHarddisk 3 Partition 2を選択して、Loadボタンをぽちっとな。
20190924-5.jpg

すると、ファイルシステムの中身が表示されます。あとはバックアップしたいデータを選択してExtractするだけ。
20190924-6.jpg

バックアップ先のディレクトリを選択して、
20190924-7.jpg

Extractを開始すると、進捗状況が判ります。
20190924-8.jpg

もし、壊れているファイルやディレクトリがあると、ERRORが表示されるので、Abortボタンを押し、再度 File⇒Load file system device を選択。して、壊れているファイルをスキップしてExtractを継続します。自動的にスキップしてくれればいいんだけど、その機能は無いみたい。まぁ、Freeだしね。

それでもHFSで使っているファイル名などで、Windowsの規則に適合しないものは自動的にRenameしてくれる機能もあるので、結構便利。

最終的には212GB分のデータを取り出すことが出来ました。必要なファイルのバックアップ成功率は98%ぐらいかな。
20190924-9.jpg

そうそう、このHDDは死にかけている状態だったので、わりと楽でしたが、起動時に全く認識しないとお手上げです。日ごろからバックアップ取るか、クラウドストレージにUPしておくなどの対策が必要です。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

やってみました 軽減税率  クイズ

玉砕しました 主夫です。

日経新聞の消費増税関連Webサイトに『クイズで分かる軽減税率 』(Nikkei)とうコーナーが有りまして、チャレンジしてみました。
20190923-1.jpg

10問のうち、主夫の正解率は4問。玉砕です。
20190923-2.jpg

第4問の 本みりんは酒税法でお酒に分類されるので10%。みりん風調味料は食品扱いなので8%の軽減税率 なんてのは、主夫としては常識ですね。
でも、第8問の「テーマパークの売店でハンバーガーを買います。軽減税率の対象をすべて選んでください」は、正解できませんでした。
20190923-5.jpg

テーマパーク内でも「食べ歩き」とか、「店から離れたベンチで食べる」も8%らしい。
そもそも入場料は10%だよね。園内全てが夢の国~のディズニーランドとかでもこのルールが適応される?

クイズに出た8%と10%の比較表は次のようになっていて、社員食堂は10%だけど、給食は8%とか、出前は8%だけど、ケータリングは10%とか…。
20190923-4.jpg

う~ん、主夫には分かりません。

そもそも買い物する時に、いちいち8%か?10%か?なんて考えないわな。
手っ取り早い対策は「買わない」なんだけど、そのような消費の落ち込みを防ぐために、牛丼の吉野家は10月から10%引きにするそうです。これは判り易い!。
増税分の2%とかじゃなくて、消費税分まるまる10%を値引きするという戦略は、消費者の「簡単に判断したい!」という心理をうまくつかんでいますね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

スマホの寿命は やっぱり 2~3年?

だから言わんこっちゃない 主夫です。

日経新聞を読んでいたら、「通勤に関するアンケート」、Amazonギフト券500円分を抽選で200名様にプレゼント!というのが有りました。
20190922-3.jpg

アンケートに答えるためには、日経ARアプリをスマホにインストールするらしい。
20190922-1.jpg

さっそくGoogle Playにアクセスしてインストールを試みるものの…。

Androidの対応O.S.が8.0以上とのことで、敢え無く断念。主夫のスマホのAndroid は5.1.1ですから、端からお呼びじゃない。
これじゃ、アンケートに応募できないじゃん。

Android 8.0っていつからなのか?と調べたら2017年8月21日から。つまり2年前からなんですわ。

20190922-2.jpg

やっぱりスマホの寿命って2~3年なのね。
カミさんに言うと「だから、早く買い替えなさい!」 と愛想つかれそうなので、黙っとこ~っと。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

カミさんが ○○ 買って来ました。

いまさらだけど 主夫です。

カミさんがスーパーで『おからパウダー』を買って来ました。
なんでも、何かの集まりの時の話題に出たらしく、低糖質ながら食物繊維やたんぱく質が豊富と言うことらしい。
20190921-1.jpg

いったい何処が作っているのかな?と裏面を見たら、徳島県の「さとの雪食品」で、豆腐関連食品を作ている会社でした。
20190921-2.jpg

さらに、Netで調べたら、キッコーマンにマルコメなど、大豆に関連するいろんな食品会社が作っている様で、一般社団法人日本乾燥おから協会(HomePage)なんて団体まであるんですね。
20190921-4.jpg

そして、乾燥おからの消費量は右肩上がり。おからパウダーブーム凄いわ~。
20190921-5.jpg

おからは食品廃棄物として飼料や肥料に使われていましたが、技術革新によって乾燥させることで、高付加価値の食品として日の目を見ることになったんです。

そして広島県三原市にある豆腐関連食品会社「やまみ」は、なんと東証1部上場企業。
豆腐関連だけで売上高109億円!ってどんだけ~。
20190921-3.jpg

主夫が子供のころは、町の豆腐屋さんがリヤカー引いて売り歩いていました。
20190921-6.jpg

あの頃の豆腐が食べたいような…。
あ、老人化してます。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

またまた宮脇さん 『終着駅へ行ってきます』 

凝りもせず、ますますオヤジ化する? 主夫です。

またまた図書館で宮脇俊三さんの本を借りてきました『終着駅へ行ってきます』(Amazon)
処女作の『時刻表2万キロ』(Amazon)から6年後の1984年に初版が発行されていて、国鉄だけではなく上田交通や名鉄谷汲線などの地方私鉄にも乗車されています。
20190920-0.jpg

本来は月刊誌「旅」に連載されたもので、「旅」では写真と文章の両方が掲載されていたそうですが、単行本では文章と地図しかありません。でも、宮脇さんの文章を読んでいると、路線や沿線の風景が想像でき、それが面白いのです。そして、「その路線に乗ってみたいな」と思うのです。

最近、「鉄道」関連のテレビ番組などが増え、「鉄」は市民権を得てきてますし、いろいろな地方鉄道も紹介されるので、それはそれで楽しい。でも、番組見ていると「鉄道」が主役なのか?「飲食」が主役なのか?判らなくなることの方が多いのよ。
20190920-4.jpg

番組のバックナンバー見ても、紹介されているのは発見した飲食店とかが多くて、「鉄」要素はまるでありませんから…。(愚痴です)

さらに、先日再放送されたNHKの「所さん!大変ですよ」の番組「観光列車ドキドキ旅 でも○○がない!?」では、観光列車の車両にトイレが無い事を問題視しているような雰囲気でした…。
20190920-1.jpg

列車にトイレを設置したり運用するにはコストの面で赤字のローカル鉄道には大きな負担になるんですわ。ちゃんとトイレ休憩の停車時間を設けているので、それで十分じゃないかと。
そりゃね、昔の駅のトイレと言えば、ボロイ、汚い、臭い、水洗じゃない、洋式じゃない、落書きいっぱいという具合で、入りたくないトイレの代表の様でしたが、今はキレイになっていますよ。

例えば、JRの赤字路線を引き継いだ北条鉄道。
20190920-2.jpg

トイレの汚い場所に人は集まらないと、トイレをリニューアルしています。
20190920-3.jpg

長(おさ)駅の駅舎は大正4年築の登録有形文化財。古い駅舎は大切に維持する一方で、トイレは新築!これは利用者も嬉しいはず。さらに、「トイレおそうじ列車」なんて企画もありまして…。
20190920-5.jpg

やりますね~北条鉄道。

鉄道番組見た人が車で取材地を廻らないで、鉄道に乗ってほしいと思うのでした。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

社債発行 世界で急拡大は 2008年の再来か?

それはいつなのか? 主夫です。

ちょっと気になることが有りまして、『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』(Amazon)を読んでいます。

20190919-1.jpg

2008年9月15日にサブプライム・ローン問題で破綻した投資銀行のリーマン・ブラザーズから連鎖的に発生した世界規模の金融危機において、いわゆる逆張りで稼いだ人たちの話しです。
この本を読むことによって、サブプライム・ローン問題がどのように生まれ、成長し、破綻していったのかを始めて詳しく知ることが出来ました。

この本を読もうと思った理由は、8月5日の 「CLO残高8兆円、農林中金 6月末 新規投資は抑制」(2019/8/5 Nikkei) という日経新聞の記事を読んだからです。

CLOは金融機関が事業会社向けに貸出をしている貸付債権を証券化した物で、言い換えれば社債を証券化し、金融市場で取引できるようにしたものです。
農林中央金庫は現在そのCLOを8兆円も抱え込んでいます。

さかのぼって2008年のリーマンショック以前。農林中央金庫は証券化商品(CDO)や米政府支援機関(GSE)債を大量に買い込んでいて、その金額は10兆円を超えていました。そして、リーマンショック後は1兆5000億円の損失を抱え込む元凶となったのです。
その時は、政府の管理下に置かれ、いわば公的資金(税金)の投入と傘下のJAからの資金調達によって、どうにか斬り抜けました。

今回も農林中央金庫はAAAの格付け債を購入しているから大丈夫と判断していますが、サブプライム・ローン問題の最中、AAAのCDOがどうやって生まれたのかを知れば、今も同じことが起こっていても不思議ではありません。

そして、今日。
「社債発行 世界で急拡大 9月、最高ペース 低金利背景、借り換え・自社株買いに」(Nikkei)
という記事が日経新聞の第一面に掲載されました。

20190919-2.jpg

記事に書かれているとおり、「社債などで調達した資金がうまく投資にまわれば将来の成長を後押しする」のですが、過去に発行した高金利社債の借り換えや自社株買いが中心で、債券発行残高が膨らんでいます。さらに、「収益力に見合わないほどの債務を抱える企業も目立ち始めている。」
とのことで、なんだか2008年の時と似ているような…。

本来、返済能力の乏しい企業が低金利ゆえに社債を発行し、自社株買いを行って株価を維持し、またそれを根拠に社債を発行する。この繰り返し?
いつか、本来の業績が伸びておらず社債の償還が出来なくなったとき、逆回転が始まります。

それはいつなのか?
神のみぞ知る。でしょうか?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR