FC2ブログ

Entries

老後自己資金2,000万円問題 シミュレーションしてみたら

なんだか、やだ。 主夫です。

世間様で最近大きな反響を生んでいる老後自己資金2,000万円問題。
ちょっと気になったので、いろいろ調べてみたら、あくまでも平均的なサンプルとしての計算らしい。

20190613-1.jpg

そりゃね、収入も、消費スタイルも、貯蓄額も、家族構成も家庭それぞれに違うので当り前ですわ。

主夫が思ったのは、現在20~30歳の世代は、65歳、もしかしたら70歳からに引き上げられるかもしれない年金を、そもそも当てにしていないんじゃないの?ということ。
一人当たりで支える老人人口が増えるので、当然の考えですね。
だからこそ、将来設計が大切になります。
終身雇用制度が崩壊したり、経済状況が大きく変化すると思うけれど、その都度見なおせばいいんですから。

そのためには、基本的な数値を把握していなければなりません。
それは3つ。
1. 家計簿を必ず付ける。 総収入と税金・社会保険料、可処分所得は必須。支出は主副食、外食、住居光熱費、保険・衛生、衣料、教育、教養・娯楽、交際・冠婚葬祭、交通・通信、自動車、特別費経費、特別費娯楽費 に分類します。
2. 貯蓄残高の把握
3. 年金ネットでの年金額の把握

この3つがあれば、金融広報中央委員会のサイト『知るぽると https://www.shiruporuto.jp/public/』で、将来の試算ができます。
早速、生活設計診断 を使って、現在の生活水準を全く変更しないという、めちゃくちゃ無理な設定でシミュレーションしてみました。
結果は「あなたの暮らし向き天気予報」で表示されます。もちろん詳細な数値も提示されます。

20190613-2.jpg

60歳定年として、それまでは快晴ですが、それ以降は嵐!
あはは~~~。

2,000万円問題。注意喚起したということでは良かったんじゃないかな。(汗)

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR