FC2ブログ

Entries

サントリーニ島のワイン畑は 特殊

気候に適応してますね 主夫です。

サントリーニ島といえば、青い空に青い海、そして、もろにこんなイメージだけど、
20190430-01.jpg

クルーズ船を最終下船した理由の一つは、「ワイナリーに行きたい」というカミさんのご指示。
先ずはワイナリー博物館Koutsoyannopoulos Wine Museum
ワイナリーが経営していて、日本語の音声ガイドも有りました。
20190430-02.jpg

展示も素朴で面白い。
20190430-03.jpg

入場料はワイン試飲付き。カミさん曰く、「勉強は辛いわ~」だそう。
20190430-04.jpg

サントリーニ島は岩盤土壌で雨が少なく、風が強い。なので、こんなバケットの様な形にしてブドウを栽培するそうです。高さは大人の足の膝~腿ぐらい。
20190430-06.jpg

畑に草が生えているのかな?とはじめ思っていたのですが、これでも立派な葡萄畑だとか。
気候に適応してますね。
20190430-05.jpg

次のVenetsanos Winery (HomePage) へ来ました。
20190430-07.jpg

海が青いわ~。
20190430-08.jpg

サントリーニのエチケットがそのままで可愛い。
20190430-09.jpg

そしてまた次へ。DOMAINE SIGALAS (HomePage)
20190430-10.jpg

併設のレストランで昼食と試飲。
20190430-11.jpg

このワイナリーでは、普通にヨーロッパで見られる栽培方法を試験的に行っているとのことでした。
20190430-12.jpg

どのワイナリーも結構うまうま。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



サントリーニ島 シャトルサービスの値段は 交渉次第

努力不足でした 主夫です。

今回利用したエーゲ海クルーズは、カジュアルタイプのCelestyal Cruises(HomePage)
最終寄港地はサントリーニ島です。

クルーズのプランではサントリーニ到着16:30 出港21:30となっていて、5時間しかありません。下船の時間などを考慮すると、島で過ごせる時間は3時間と少し。なので、サントリーニで下船することにしました。
20190429-01.jpg

船は港に着岸するのではなく、少し沖合に停泊して、テンダーボートで島に渡ります。
20190429-02.jpg

下船は有料のツアーに申し込んだ方々が最優先。その後で14:00~配布された整理券順。サントリーニで下船する方は最終のテンダーボートになります。下船が始まってから約40分待ちでした。
皆さん、船内のホールで順番待ち。
20190429-03.jpg

Celestyal Olympia号さようなら~
20190429-04.jpg

サントリーニ島には港が二つありまして、観光地のフィラの街に近いのがオールド・ポート。
ジェット船やフェリーなどが寄港するのがアティニオス港です。
20190429-05.jpg

サントリーニを個人で散策するグループはオールド・ポートにテンダーボートが着きます。
有料ツアーでバスを利用するグループと、サントリーニで最終下船するグループはアティニオス港にテンダーボートが着きます。
二つの港は車で11kmの距離、結構離れてる。

オールド・ポートで下船すると、こんな崖を街まで登ることに。
階段は急で、ロバさんの うんち がたくさんあるそうです。
20190429-06.jpg

その横にはちゃんとロープウェイが有るので安心。
20190429-07.jpg

荷物が無ければロバに乘るのも良い経験かも?
20190429-08.jpg

主夫は最終下船なので、アティニオス港に着きました。
20190429-09.jpg

ところが、タクシーが有りません。島のタクシーは少ないそうで、フィラに行きたい観光客を当て込んだシャトルサービスのお店が並んでいます。しきりにレンタカーを勧誘するのですが、断って、シャトルにしました。値段は交渉次第。
20190429-10.jpg

はじめ20ユーロというので、まぁ仕方ないかと思ったら、一人20ユーロだと言う。値切って一人15ユーロにまけてもらいました。
でも、同乗の4人家族の方は4人で25ユーロまで値切られたそう…。う~~ん、努力が足りなかったかな?

結局8人が1台のバンに同乗して、フィラまで移動。 行かれる方は頑張って値切りましょうね。
20190429-11.jpg

でも、この景色を見ると、値切れなかったことも吹っ飛びます。
20190429-12.jpg

夕暮れになって、Celestyal Olympia号(左の船)も夜になったら出港です。
20190429-13.jpg

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

素晴らしい トルコの現地ガイドさん

やっぱり現地 主夫です。

クルーズには、トルコの世界遺産エフェソス遺跡への観光が着いてきます。それと、聖母マリアが晩年を過ごしたとされる「聖母マリアの家」の2ヵ所を訪れるプランを選択。これが正解でした。

クシャダシ港に到着。ここから各プランごとのバスに分かれて乗車します。
20190428-01.jpg

エフェソス遺跡。バスは高台側の南入口に到着して、歩いて下りながら散策します。
20190428-03.jpg

半袖の赤いシャツの方が素晴らしいガイドをしてくださったトルコ人現地ツアーガードさん。
訪問先での説明は勿論の事、バスの中ではトルコの習慣、日常、教育制度、経済状況、政治と軍事関連の話など、トルコの概要を知るに十分な知識を教えてくれました。
20190428-02.jpg

撮影スポットでは、それぞれの写真を撮って下さる気配りや、家族の話やジョークなどで私たちを飽きさせません。う~ん、上手いわ~。
20190428-04.jpg

もう一つ、ホスピタリティー精神が高いのは遺跡に何気なく住んでいる猫。
20190428-05.jpg

ガイドさんによると、遺跡を劣化させる昆虫を退治するために、放し飼いにしているのだとか。
20190428-06.jpg

ちょっと痩せている猫が多いのは、夏の間は昆虫を食べさせるために、エサやりを控えているそうな。
こちらは警備
20190428-07.jpg

こっちは毛づくろい
20190428-08.jpg

あ! もしかして主?
20190428-09.jpg

癒されました~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

忘れてました ヨーロッパのホテルには電子ケトルが無い。

買っておくべきか? 主夫です。

旅行中、滞在先で困ったのかお湯の確保でした。
旅行の後半になって、洋食が飽きてきたときの為にカップ麺を持参したのですが、ホテルに電子ケトルなど湯沸かしが無いという事をあらためて思い知らされました。

クルーズチェックインのために前泊した港町のビジネスホテル。1泊ワンルーム5,000円台とあって、そのような備品は有りません。まぁ、値段相応なので致し方ありませんね。
20190427-0.jpg

クルーズ船の客室には、もちろん有りません。
20190427-1.jpg

でも、クルーズはアルコールを含むドリンクパッケージなので、コヒーなどは欲しいときに飲みに行けばいいですし、展望ラウンジの各種カクテルも無料ですから、ケトルが無くても全く気にならない。
20190427-2.jpg

船内のCafeではドリンク、クッキーやケーキ、目の前で焼いてくれるクレープまで無料です。
こりゃすごい。
20190427-3.jpg

下船後のアテネのホテル。朝食会場の展望レストランからはアクロポリスのパルテノン神殿がバッチリ見えます。
20190427-5.jpg

でも、お部屋にはケトルが無く、お湯のルームサービスを頼んだら、コーヒー2杯分で3ユーロ。
とほほ~。
20190427-6.jpg

しかも、これでカップ麺作ったら、お湯が足りずに、麺の下半分だけ軟らかくなり、上半分は硬いまま…。
3分後にひっくり返すという情けなさ。

ネットで調べたら、こんな折り畳みのケトル有るんですね。
『折りたためるトラベルケトル 500ml 電圧切替式』(Amazon)
20190427-7.jpg

こりゃ、購入すべきかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

GPS 今更だけど 簡単アンテナで改善

現地で困りました 主夫です。

旅行中、街歩きなどに必須なのはGoogle Mapで位置情報を得ること。
でも、主夫が使っているモバイル端末はGPSの受信感度が良くないので、Wifiが使えない環境ではカミさんのiPhoneが頼りでした。

旅の最終段階になってGoogle検索したら、改善する方法が有るという事が判明。

そのサイトに従って、アンテナ?を作りまして、
20190426-3.jpg

本体に貼り付けて(画像はそのサイトから)
20190426-4.jpg

GPSのアプリで計測してみたら、
アンテナ貼り付け前
20190426-1.jpg

アンテナ貼り付け後
20190426-2.jpg

あらら~、ちゃんとGPSを捕まえてます。
もっと早く準備すべきでした。
反省。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

普通のNet環境が使えます エーゲ海クルーズ

デトックス出来ません 主夫です。

今回の旅行では初めてクルーズを体験しました。エーゲ海の島々を回る4泊5日の旅程です。
20190425-1.jpg

船にはWifiサービスが有るものの、船舶通信を使うために高額らしい。なので、クルーズ中はNetの環境が使えない。すなわち、Netデトックス出来る! と思っていたんです。

でも、エーゲ海は地図の様に島があちこちに有りまして…。
20190425-2.jpg

ThreeのデータSIMでNetに繋がっちゃうんだな。
繋がると、使っちゃうんだな、これが。
20190424-2.jpg

繋がらないのは航路の付近に島が無いときで、
ロードス島~ヘラクリオン これは夜間なので寝ていますから必要なし。
ヘラクリオン~サントリーニ これは日中だけど、船内でまったりするので必要なし。
20190425-3.jpg

おかげで、Three SIM 3GBの容量が旅行の途中で使い果たすという有様になりました。
使い切ると、Top ONするのは面倒な手続きが要るので、2枚買うべきでしたね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから28年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって27年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR