FC2ブログ

Entries

年収1億円の人は? って、なに?

なんか、いや~な感じ 主夫です。

もう数ヵ月前にブログで紹介され、図書館に申し込んでいた本の順番がきたので読んでみました。
『年収1億円の人は、なぜケータイに出ないのか?』(Amazon)

20181008-1.jpg

内容はGoogle先生などに訊いていただくとして、主夫が気になったのは、ターゲットとしている読者の年収はいくらほどを想定して、この本は書かれているのか?ということです。
なぜなら、サブタイトルには、
 「年収300万円、年収1000万円の人が絶対に知らない超一流の思考と行動」とあり、内容も3つの年収別行動・思考パターンの比較形式で書かれているからです。

そこで、ふと思いつき、300万円、1,000万円、1億円」で検索すると、同じようなタイトルの本がたくさんあることが判りました。例えば、「年収300万円はお金を減らす人 年収1000万円はお金を増やす人 年収1億円はお金と時間が増える人」(Amazon)なんて本はそのものズバリです。

そして、年齢と年収の分布を示すグラフで見つけたのがこちら。
20181008-2.jpg

400~800万円に多く分布しているんですね。
つまり、そこが読者ターゲットなんでしょう。

この手の比較本と言いますか、2階層や3階層に分けた内容を書いた本は2001年出版の「チーズはどこへ消えた?」(Amazon)とか、2000年出版の「金持ち父さん貧乏父さん」(Amazon)から始まっているような気がします。そして、低い方を見下し、高い方を小ばかにし、手の届きそうにない超高い所は、へ~~~、そんなものなのか?と俯瞰するような内容はどんどんエスカレートしているような…。

読み終えて、なんか、いや~な感じがしました。
う~~ん、主夫の心が曲がっているんでしょうか?
(ブログに書くか迷いましたが、記録として保存。)

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR