FC2ブログ

Entries

欧州旅 その6 『 Portoのホテル 』

居心地がいいとは 主夫です。

今回の欧州旅行で初日に宿泊したポルトガルのPortoのホテル。
『Castelo Santa Catarina』(HomePage)
20180826-01.jpg

Tripadvisorとか読むと、好きな人とどうでない人に分かれるようだけど、主夫は気に入りました。
古い建物を上手く使っています。Hotelの歴史を読むと、繊維業で財を成した富豪が1887年に先ずはチャペルを建設し、その後迎賓館を兼ねた邸宅を建てたらしい。現在のフロントや食堂、キャッスル・ルームのある建物がそれ。
20180826-03.jpg

建物全体がアズレージョで飾られています。
20180826-04.jpg

もちろんチャペルも。
20180826-02.jpg

富豪が亡くなったのち、遺産相続でもめたらしく、しばらく廃墟に。
1969年に先代のオーナーが買い取り5つ星ホテルに改修。現在は2代目が先代の意思を引き継いで、営業されているとか。フロントのお兄さんもそのように話してくださいました。

敷地内に入ると中庭が有り、
20180826-05.jpg

新しいContemporary Architecture Designの別棟があります。
20180826-06.jpg

部屋の中は近代的で清潔。ゆったり過ごせました。
20180826-07.jpg

主夫が感心したのは、 フロントのお兄さんが言っていたように、「規模を拡大せず、小さなホテルとして行き届いたサービスを提供すること」がこのホテルのポリシーだとか。
お庭の南の壁際にある建物は、リネンの洗濯場になっていて、ルームクリーニングの方が働いていました。クリーニング屋に出すのではなく、自前で洗濯するんですね。
20180826-08.jpg

さらに別棟が建てられるほどの広さが有る奥庭は、物干し場になっているみたい。
20180826-09.jpg

古いけれども、鉄のオブジェなども錆びたところが無く、営繕掛かりさんが常に補修していたり、
20180826-10.jpg

庭師さんが庭園を管理していたり、
20180826-11.jpg

働いている人が職場が好きなんだなと思えるホテルです。
20180826-12.jpg

朝食の種類もたくさん。
20180826-13.jpg

朝食のサーブも支配人らしき女性とメイドさんでテキパキ。
20180826-14.jpg

とても気にったホテルのひとつになりました。

そうそう、主の猫さんも居るしね。
20180826-15.jpg

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR