FC2ブログ

Entries

マンガ 自営業の老後 で同感したこと

早く60歳来ないかな 主夫です。

どこかのブログで面白いと紹介されていた本『マンガ 自営業の老後』(Amazon)を読んでみました。
20180725-1.jpg

著者の上田 惣子さんはフリーのイラストレーター。その他、グラフィックデザイナーの方とか、アドバイス下さる会計士の方とか、70歳の居酒屋のおばさんまで、いろんなケースの自営業の方が登場して、それぞれに有益なアドバイスがマンガで繰り広げられます。

主夫が、同感! と思ったのは、公的年金の繰上げ受給です。繰り下げじゃないですよ、繰上げです。日本年金機構のWEBには、ちゃんと説明したページが有ります。
「年金の繰上げ・繰下げ受給」

20180725-2.jpg

もちろん繰上げ受給すると、65歳からからの満額支給額に比べ、減額されます。だけど、この本には、「健康でお金が使えるうちに年金はもらった方が良い」と書かれていました。

年金機構も、政府も繰り下げ受給を奨励していて70歳からにすれば、増額率42.0%と謳っていますが、60歳、65歳、70歳の受給でいつ合計受給額が逆転するのか簡単に計算してみました。

65歳通常受給で、年間100万円の年金が有ると仮定すると、
60歳繰上げ受給の場合は70万円に減額。これが一生続きます。
75歳繰り下げ受給の場合は142万円に増額されます。

グラフにすれば一目瞭然。
20180725-3.jpg

65歳受給が60歳受給を抜くのが76歳。1200万円 vs 1190万円
70歳受給が60歳受給を抜くのは79歳。1420万円 vs 1400万円
70歳受給が65歳受給を抜くのは81歳。1704万円 vs 1700万円

日本人男性の平均寿命は80.2歳。健康寿命は71.2歳。
こりゃもう、どうすればいいのか迷う必要はないと主夫は思いますね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

「憧れの対面キッチン」は 家事をする人としない人を分離する?

カウンターは必須 主夫です。

日経新聞のWomen'sトレンドに「夫の家事参加意識 過去最高も妻に負担偏り」(Nikkei)という記事が有りました。
20180724-1.jpg

「夫も家事を分担すべき」という意識を持っている夫は過去最高の81.7%だけど、実際に「食事の支度をすることがよくある」夫は13.7%。と大きなギャップが有ると書いています。
20180724-2.jpg

そして、「夫が家事の量や内容を理解しておらず、妻に負担が偏りがち。家事の洗い出しが必要」として「夫に家事体験を促す料理教室などが広がれば」と期待する。とも。

そこで、主夫の提言です。
男性の方へ。
最近お二人様やお一人様向けの料理本がたくさん出版されているので、図書館で借りたり、本屋さんで買いましょう。「ダイエット料理を僕が作るから」と言えばパートナーさんも喜ぶはず。

女性の方へ。
パートナーが行った家事に対して、絶対ダメ出しはしないであげてください。
10回の家事に1回でもダメ出しすると、その時点で続かなくなる可能性が高いです。男性は褒められたいんですよ。なので、心の中でプッツン切れかかっても、「いつもありがとうね~」と言ってあげてください。
そうすれば、やってくれる家事の量も分野も増えること間違いなし。
「褒めて伸ばす」ってやつですね。

再び男性の方へ。
「褒めて伸ばす」は女性に対してもとっても有効。「ありがとう」と言っていれば、「家事ちょっと手伝ってくれない!ぷんすか」と言われる回数も減ると思いますよ。

さて、料理をするのに大切なのはキッチンのレイアウト。
マンションでも、戸建てのリフォームでも「憧れの対面キッチン」なんてコピーをよく見かけるけれど、これって、時代遅れだと思いますね。
20180724-7.jpg

なぜなら、「家族はテーブルやリビングに居て、家事をしながら家族と向き合える」というのかコンセプトになっているから。
二人で家事すればそんな必要ないよね。
家族みんなで手伝えば、さらに必要ないよね。
そもそも、食器を置くスペースが殆ど無いので、使いずらい。
つまり、「対面キッチン」は家事をする人としない人を分離しているんです。

主夫のマンションは築年数が古いだけあって、キッチンは壁付きタイプです。
20180724-3.jpg

なので、入居したときに造り付けのカウンターを設けました。シンクとカウンターの距離も広めの1mにして、夫婦で立っても十分なスペースを確保したんです。
20180724-4.jpg

カウンターのシンク側は食器や食料スペースに。
20180724-5.jpg

リビング側にも食器入れや引き出しを作って頂きました。
20180724-6.jpg

こうすると、作っている料理も置きやすい。お箸やカトラリーなどの食事の準備を家族で分担できる。食器の取り出しが容易。なので、「対面キッチン」よりも「カウンター」が必須なんです。

これからのキッチンレイアウトは、家族参加型家事が前提ですね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

飯田線 秘境駅TOP

おしっこちびるかも 主夫です。

JR飯田線のつづき、
最終目的地に17:48着の電車で到着しました。
20180723-01.jpg

秘境駅ランキング第3位の「小和田(こわだ)駅」です。
20180723-02.jpg

下車したのは主夫の他にもう一人だけ。乗ってきた上り列車をお見送り。
20180723-03.jpg

列車が行ってしまうと静かになりましたね。上り方面に駅舎が残っています。
20180723-04.jpg

ホームの端から見るとこんな様子で、反対側にもう一面ホームが有りますが、今は線路も撤去されて使わなくなっています。
20180723-05.jpg

ホームからは天竜川が望めます。
20180723-06.jpg

夏なので、まだ明るいですね。

ホームの端には「危険ですから改札口を通ってください」との札が…。
改札出ても何処へも行けない秘境駅…。
20180723-07.jpg

駅舎の佇まいがいいですね~。取り壊すことなく残しておいて頂きたいです。
20180723-08.jpg

昔の出札口もそのままです。
20180723-09.jpg

次の上り電車は19:34発。時間がたっぷりあるので、秘境駅の雰囲気を楽しみながら、一杯。
前日に買っておいた甲州の白ワイン。
20180723-11.jpg

肴は平岡駅の売店で購入した手作りアジフライ。秘境駅は売店はもちろん、自動販売機もトイレも無いので事前の準備が必須です。
20180723-10.jpg

そうこうしているうちに日が暮れてきました。
20180723-12.jpg

夜の帳が迫ってきます。
20180723-13.jpg

下り電車19:10発が到着。主夫が乘る上り電車はまだ来ません。
先ほど一緒に降りた方は下り電車にご乗車。主夫一人になりました。
20180723-14.jpg

山間の夜が急に深まっていきます。真っ暗?
20180723-15.jpg

待合室の蛍光灯だけが明るい。
20180723-16.jpg

駅名票がだんだん見えなくなってきました。
20180723-17.jpg

街灯が有る所だけかろうじて…。
これで電車が来なかったら…。
20180723-18.jpg

あ~、考えただけで、おしっこちびっちゃいそうです。

19:34発上り列車がやってきました。助かったぁ~。
20180723-19.jpg

電車の車内灯でホームも明るくなりますね。
さすがにこの次の上り最終列車20:31発を待つ勇気はありません。
20180723-20.jpg

でも、秘境駅ランキングの牛山氏は小和田駅で野宿した強者だとか…。(こちら)
ひょえ~。

飯田線の旅はこれにて終了。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

飯田線 田本駅~仲居侍駅

行ったり来たり 主夫です。

JR飯田線のつづき、
田本駅を出発。
20180722-01.jpg

二つ上り方面の秘境駅「為栗(してぐり)駅」に到着。プチ難読駅ですかね?
秘境駅ランキングは第17位。
20180722-02.jpg

ホームから吊り橋が見えます。歩いて行って対岸にも渡れるそうです。折り返し電車の時間都合上、今回は断念しました。
20180722-03.jpg

ホームの上には小屋のような待合室。線路向こうには何やら小屋が有ります。
20180722-04.jpg

線路右側の道が吊り橋につながっています。
20180722-05.jpg

為栗駅の次の駅「平岡駅」。
20180722-07.jpg

乗降客も多く、特急伊那路も停車します。
20180722-06.jpg

駅はふれあいステーション龍泉閣という宿泊施設の建物で、中に入ると売店が有りました。
平岡駅の停車時間は列車交換のため10分前後あるので、買い物ができます。主夫も食料を調達。

平岡から上り列車に乗ると、次の「鶯巣(うぐす)駅」との間に飯田線の旧線跡である鉄橋などが見えます。
20180722-09.jpg

「鶯巣駅」停車。これは新しいパーク&ライドかな?ホームにはお子さん居なかったんだけどな~。
20180722-10.jpg

鶯巣駅から上り方面2つ目の駅。秘境駅「仲居侍(なかいさむらい)駅」
ここもホームが狭いです。秘境駅ランキングは第14位。
20180722-11.jpg

下り方面
20180722-12.jpg

上り方面のすぐ上に民家があり、お花の手入れなどをされている様でした。
20180722-13.jpg

電車の音と、川の音を聞きながら生活してられるんでしょうね。
20180722-14.jpg

さて、次は秘境駅ランキングは第3位。飯田線の最高ランキング駅です。

つづく。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

飯田線 天竜峡駅~田本駅

念願の 主夫です。

学校は夏休みになりましたね。
「鉄」にとって夏休みと言えば、7月20日~9月10日の間に使える「青春18きっぷ」です。
そして、乗り鉄の聖地?とまではいかなくとも、乗ってみたい路線はJR飯田線の全区間乗車&秘境駅訪問。

飯田線の秘境駅を巡るなら、お手軽な観光列車「急行:飯田線秘境駅号」も運行されますが、ここはやはり普通列車に乗ってこそというものです。

飯田線は運行本数が少ないので、効率よく巡るには上り下りを行ったり来たりするので、青春18きっぷが一番いいんですね。では、天竜峡から上り方面順にちょっとご紹介。

出発は「天竜峡駅」
20180721-01.jpg

築年数は判らないけれど、洋風でもあり、山小屋風でもありますね。
20180721-02.jpg

列車に時間が有るので、天竜峡の観光を兼ねて最初の秘境駅、お隣の「千代(ちよ)駅」まで歩くことにしました。
吊り橋の上から眺めた天竜峡。観光パンフレットなどに使われている撮影ポイントですね。
20180721-03.jpg

吊り橋を俯瞰できる展望ポイントから。
20180721-04.jpg

天竜峡を下る「天竜ライン下り」の船が通っていきました。
20180721-05.jpg

天竜峡駅から千代駅までは4km弱。吊り橋周りではアップダウンがかなりありました。途中の道で小休止。
道端には野百合が咲いています。
20180721-07.jpg

もうすぐ到着のはず。
20180721-06.jpg

「千代(ちよ)駅」に到着。JRも使っている牛山氏の秘境駅ランキングhttp://hp1.cyberstation.ne.jp/hikyouekによれば、26位だそう。
20180721-08.jpg

秘境駅ですが、車でも来ることが出来ます。
線路を保線区の方が歩いてられました。猛暑の中、お仕事お疲れ様です。
20180721-09.jpg

第2番目の秘境駅は、千代駅のお隣「金野(きんの)駅」。
ここは下車予定でしたが、隣の駅に降りたので、車窓から。秘境駅ランキングは第7位。
20180721-10.jpg

金野駅の代わりに降りたのは「唐笠(からかさ)駅」。
20180721-11.jpg

秘境駅ランキングには入っていないけれど、天竜川のすぐそばに有って、川風が気持ちいい駅です。
20180721-12.jpg

そして天竜ライン下りの下船港があるんです。
20180721-13.jpg

売店横の小道を下ると川面に出ることが出来ます。
20180721-14.jpg

唐笠駅にも保線関連の方が。ちょうど下りの秘境駅号が通過してゆきました。
20180721-15.jpg

唐笠から金野方面に歩いて行く保線の方。そういえば、鉄橋で塗装作業していましたね。
熱中症大丈夫かなぁ~。
20180721-16.jpg

3番目の秘境駅は「田本(たもと)駅」。ホームの幅がわずかしかありません。
山手線とかだと、「ここでは列車を待たないでください。」と書かれそうな…。
20180721-17.jpg

片ホームに待合室だけ。秘境駅ランキングは第4位。
20180721-18.jpg

断崖絶壁の駅で、下車したのは主夫を含めて3人。もちろん「鉄」です。あはは~。
20180721-19.jpg

トンネルの上から俯瞰できます。いや~、ホームが狭いわ。
20180721-20.jpg

つづく。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

土用の丑の鰻は めしテロ

今年はおあずけ? 主夫です。

新聞の折込広告を見たら、食品スーパーは  特集になっていました。主夫の自宅がスーパーの商圏となっているお店全てが鰻です。スゴ。
20180720-1.jpg

でも、ダイエット中の身にとって、鰻、とくに鰻丼は最悪なんです。
鰻そのものはたんぱく質なので問題ないですが、あの美味しいタレはお砂糖いっぱい。そしてご飯は炭水化物。
あぁ~、あのタレとご飯が美味しいのよね~。

なので、自分では食べずに、ご子息様のご家庭で食べて頂くことにしました。敵討ちかいな?

もちろん鰻はふるさと納税の返礼品で頂きます。
20180720-3.jpg

今回選択したのは、鹿児島県鹿屋市。「手焼きの黒匠うなぎの蒲焼 136g~154g×2尾」で納税額1万円は安いです。スーパーで買っても1尾1,980円以上しますから。
驚いたのはふるさとチョイスを使って寄付をしてから4日で出荷されたことでした。こりゃ完全に事業化されてます。いいことですね。

御子息様から「頂きました~」とLINEで画像が送られてきました。
冷凍ですが、オーブンとグリルを使って美味しく調理できたそうです。
20180720-2.jpg

まさしくめしテロでございます。
食べたいよ~~~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR