FC2ブログ

Entries

領収書の電磁的記録は個人事業主できるのか?

あかんわ~ 主夫です。

最近、政府や省庁関連で無かったはずの文章が見つかったとか、改ざんされていたとか、何かとお粗末な事案が次々と発生していますが、それらの文章は何故電子化されてDataBaseに保管されていないんでしょうね? そもそも数百ページにも及ぶ書類が有りませんとか、その後、見つかりましたとか…。なんだか国民として恥ずかしい状況です。

さて、そんな書類の電子化保存の事を考えていて思いついたのは、カミさんの個人事業主確定申告の際に保存しておかなければならない領収書です。
20180415-1.jpg

2017年に国税庁が「電子帳簿保存法規則3」において、領収書の電磁的記録の指針を策定し、2018年に改定しています。
それによれば、スキャナやデジカメによる撮影画像などよって保存された領収書でもOKとするもの。
ならば、分厚いフォルダに数年間も保存している領収書を全てスキャナで取り込んで、破棄できるのか!と思ったんです。
概要はこちら「電子帳簿保存法の概要」(国税庁HomePage)
20180415-2.jpg

そこで、具体的にどうすればよいのかと調べてみたら。
うちの場合は、使えませんでした~

電子帳簿保存法一問一答 【スキャナ保存関係】(国税庁PDF) というガイドがあり、よくよく読むと最低でも3人必要なんです。
簡単に言えば、例えば、
 ① カミさん(個人事業主)が領収書を提出する人。
 ② 主夫(経理担当)がチェックする人。
 ③ 1年に1回以上検査を行う人。
③の検査を行う人は①および②以外の人で、例えば税理士さんとかになります。

そもそも、税理士さんに確定申告をお願いしていない個人事業主は、検査が出来ないので、NGなんです。
よって、紙の領収書を保存し続けることが必要です。
まぁ~、スキャンの手間とか考えると、紙保存が最も効率が良いんですよね。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR