FC2ブログ

Entries

読まなくなった本は何処へ

恩返し?使い倒し? 主夫です。

時々なんですが、主夫は無性に片づけたくなる時があるんです。片づけたくなるというよりは、捨てたくなると言った方が正確なような気がします。

今回のきっかけは、カミさんがクリスマスツリーやお正月飾りを片づける時に収納スペースが不足したことでした。そして、スペースを確保するために「私の古い本は処分していいよ」と言ったのです。これを受けてスイッチの入った主夫は、全ての本箱の本を分類・整理しました。

不要と判断した本はおよそ60kg分。その中にはカミさんと主夫の大学時代の教科書や、10年以上前のパソコン関連本、漫画本などがありました。そして、それらをどう処分しようかなと。
20180113-1.jpg

古本の買取りと言えばBookoffを連想しますが、車が無いので気楽に持っていくこともできないし…、
と思って、Netで検索したら、Book-off onlineなど複数の業者は宅配で送付するサービスを展開しているのですね。それも送料は無料です。広告のコピーには「マンション住まいや、お車をお持ちでない方に」なんて書かれていまして、うちのことかいな?と思ってしまうほど。 Book-off 宅本便

20180113-2.jpg

ちょっと試してみようかな?と思ったんですが、ほとんど買取価格が付かないなと。

そこで、古紙回収で捨てる本と、少しは価値のある本に分類して、後者は図書館に持っていくことにしました。
図書館では図書のリサイクルを行っていて、特に、人気のある図書は 蔵書数に限りが有るため、多数の予約があり、場合によっては数ヶ月から1年、利用者の方にはお待ちいただいている状況。「少しでも早くお読みいただけるよう、ぜひ寄贈の協力ををお願いします。」とのこと。
また、貸出し対象とならない本は「自由にお持ちかえりいただけるリサイクルコーナー」が有り、欲しい方にもらって頂けるようです。

ということで、いつもお世話になっている図書館に恩返し。
ではなく、どちらかと言えば使い倒しだけど、少しは役に立つかな?

そうそう、カミさんの茅ケ崎という英語の教本は永久保存だそうです…。
20180113-3.jpg

最近読んでいるところ見ないけど…。などとは、絶対言えない。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR