FC2ブログ

Entries

置時計の修理 その1

やっぱり 主夫です。

リビングのキャビネットの中に置いて使っている陶器制の小さな時計。
ここ半年ぐらいで、電池を取り換えても2~3週間ぐらいしか動かなくなりました。当初は電池が悪いかな?と思って、100均製ではない電池に入れ替えてみても症状は同じ。これはムーブメントが寿命かも。

20171210-1.jpg

陶器の裏には、Delfts Blauw Handpainted Holland 'Special made for Christiaan Huygens' とあるので、Netで製造元を調べてみるものの、全くヒットしない。とほほ。

20171210-2.jpg

画像検索すると、e-Bayに同じようなものがいくつか出品されていました。でも、どれも古い。
そりゃ主夫が買ったのも20年以上も前ですからね。あきらめるしかないのか?

でも、「もしかすると、ムーブメントは日本製だったりして?」とふたを開けて調べてみたら。
20171210-3.jpg

No JEWELS UNAJASTED こりゃ違う。
もっと見ると、『MORIOKA TOKEI INC. JAPAN PC21A』 と書かれてました。

20171210-4.jpg

やっぱり日本製。

Net検索すると。盛岡セイコー工業株式会社のPageに「SII ハイグレードグリーン商品事例 」として掲載がありました。(こちら)
20171210-5.jpg

『ウオッチムーブメントPC21J 「PC21」は、最も多く製造しているクオーツ式腕時計のムーブメント(駆動装置)です。』とのことで、汎用品であることが判ります。

現在販売しているのは、Seiko Instruments (H.K.) Ltd. という香港の会社。
製品説明を読むとオリジナルの電池で2~3年駆動するらしい。(こちら)
20171210-6.jpg

さて、問題は手に入るかどうかですが、これがあっさりと、楽天市場で売ってたりするんですね。送料入れて900円弱。さっそく ぽちっとな しました。
修理は後日。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす ぷち専業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR