FC2ブログ

Entries

豊橋鉄道 昭和の旅 番外

歴史は語る 主夫です。

豊橋鉄道市内線「昭和の旅」の番外として、渥美線で昭和が残る場所を少しだけ散策しました。

豊橋は江戸時代の東海道吉田宿から始まり、第2次世界大戦敗戦までは「軍都」として知られたくさんの軍事施設があり、昭和20年には大空襲を受けたそうです。
敗戦後、軍の施設:旧陸軍第15師団跡に愛知大学が創設されました。そこで、愛知大学のキャンパス周辺を散策します。

渥美線の「愛知大学前」で下車
20170402-01.jpg

次の駅「南栄」駅方向に歩いていくと、第15師団の門と衛兵哨舎が残っています。
20170402-02.jpg

コンクリートの壁が続き、少し斜めになったところは兵器廠前駅跡で、引き込み線があったようです。
20170402-03.jpg

道の反対側ひは「コンドーパン」のレンガ造りと日本建築があります。定休日で残念。
20170402-04.jpg

「南栄」駅
20170402-05.jpg

駅の東側にはこれも昭和なコロッケ屋さん「河合屋」があります。おやつに買ちゃいました。てへ。
20170402-06.jpg

愛知大学に戻り正門に立つと「第15師団司令部跡」の石碑があります。
20170402-07.jpg

愛知大学記念館は1908年築の旧陸軍第15師団司令部庁舎。
20170402-08.jpg

この他にも将校集会所など多数の施設が残っています。
20170402-09.jpg

こちらはキャンパスから少し離れたところにある愛知大学公館:旧陸軍第15師団長官舎です。
20170402-10.jpg

東海道新幹線と立体交差する小池駅に戻ってきて散策は終了。
20170402-11.jpg

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR