FC2ブログ

Entries

解体処理証明書

残りは一つ 主夫です。

先日車を引き渡した解体業者さんから『解体処理証明書』が送付されてきました。
あの車もついにバラバラになったのですね。
20170222.jpg

現在は自動車の使用を一時的に中止した場合に行う「一時抹消登録」なので、この証明書を持って、「一時抹消登録後の解体届出」を行います。そうすると、車検時に支払った自動車重量税が還付されます。

自分で解体届を行うので、必要な書類は
届出書(OCRシート第3号様式の2または第3号様式の3)
手数料納付書(HoめPageに手数料の記載がないので無料かも?)
登録識別情報等通知書 これは一時抹消登録時に交付されたもの
本人確認(番号確認及び身元確認)書類 マイナンバーカードもしくは通知書の提示

これらを持って、陸運局に行くだけです。
やっと廃車に関連する全ての手続きが終わります。
解体届関連の情報は国土交通省「登録5:自動車の使用をやめたまたは、解体等または輸出する場合(抹消登録)」

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

スーパーが好きなんです

出張しても 主夫です。

昨年末から出張することが増えまして、多いときは毎週になっています。
出張中の食事はどうしても外食になりがちですが、お昼と夕食を外食していたのではカロリーの取り過ぎになってしまします。
かといって、コンビニ弁当はあまり好きになれない。

同じお弁当をかうのなら、食品スーパーのお弁当の方がまだよいのではないかとおもっています。お寿司やサラダ、お惣菜もありますからね。
そこで、あえて、地元のスーパーが近くにあるビジネスホテルに予約して、ホテルに行く前に買い物してチェックインするというわけ。
20170221-2.jpg

地方の食品ストアと違うのが、店舗フロアが2~3階になっていること。山手線外に出ると1フロアのところが多いですが、都心はやはり土地が高いんでしょうね。マルマンストアは3フロアでした。

20170221-1.jpg

3階で商品を選んだ後に、1階で別の良いものを見つけると、もう一度エレベーターに乗って3階まで返品。なんてことになるので、見極めが肝心?
でもスーパーがあればこそ、ご飯が頂けるので、文句言っちゃいけません。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。 

スマホ対応

いまさらながら 主夫です。

とあるe-コマース系の企業レポートを読んでいた時、面白いデータが載っていました。
「運営サイトの利用者属性」に関するレポートで、その企業のWebPageにアクセスする際に、パソコンからなのか、スマホからなのかを表したものです。

先ずは「男女比」。
20170220-1.jpg

パソコンを使っているユーザーの2/3が男性で、女性は1/3。パソコンユーザーは男性の方が圧倒的に多いのです。一方で、スマホユーザーは均衡していますが女性の方が多くなっていて男女比が逆転しています。もちろん、PCとスマホの両方を使っている人もいるでしょうから断定できませんが、PCの所有率は男性が多いのかもしれません。

次は、「年齢構成」。
20170220-2.jpg

パソコンを使っている人の半数が50歳以上です。40歳代が30%。30歳代はその半分以下の14%。極端な見方ですが、半分、そのまた半分と減っている感じですね。
一方でスマホは年齢が均等化されています。20歳以下が少ないのは、購買力がまだ低いと考えられるので除外できます。

この二つの調査結果から得られるのは、50歳以上の男性はパソコンが多く、40歳未満の女性はスマホが多いのではないかという推論です。ということは、自分が販売する商品のターゲット顧客の属性によって、自社・自店舗のHomePageをパソコン向けか、スマホ向けか、どちらを「主」とするかをよく考えないといけないということですね。

例えば、飲食系:レストランやパン屋さん、スイーツ店、カフェ。雑貨、ファッション店。美容院にネイル系にエステ系など、女性をターゲットとしている業界はスマホ用サイトが必須となり、PCサイトは必要なくなるかもしれません。

時代の流れだなぁ~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

自動車任意保険の『中断証明書』

提出は忘れずに 主夫です。

先日車の廃車に伴って解約した自動車任意保険。
保険会社である「おとなの自動車保険:セゾン自動車火災保険」から『中断証明書』発行の手続き関連書類が送られてきました。

「『中断証明書』とは、中断前の契約におけるノンフリート等級や事故有係数適用期間を10年継承するために必要な書類」とのこと。

つまり、10年間車を保有せず、任意保険に加入していなくても、解約時の割引率がそのまま保持できるんです。
主夫は20等級事故有係数適用期間0年だったので、次に車を購入して任意保険に加入するときも、この条件で契約できます。
これ、メリット大きい。
20170219-1.jpg

もし、中断証明書を発行せずに13カ月経過すると、新規契約となり、ふりだしに戻って6S等級から再スタート。

さらに、もう一つメリットがあります。

「中断証明書を利用して自動車保険に加入する際に必要な条件」の項目に、
「新契約の記名被保険者または車両所有者が、旧契約の記名被保険者の配偶者、旧契約の記名被保険者または配偶者の同居の親族。」も契約可能。

ということは、私の等級をカミさんや、同居の息子、家族などに譲ることかできちゃうんです。
例えば、若者が保険に新規加入すると保険料は高いですが、いきなり20等級の割引適用になり、メリット大きいのです。

忘れずに手続きしなくっちゃ。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

確定申告と ふるさと納税

あえて言う 主夫です。

確定申告の受付が始まりました。主夫も早々に申告会場に出向いて申告を完了。
今回の確定申告の大きな目玉は『ふるさと納税』の還付です。

2月17日の日経新聞朝刊には「ふるさと納税 過熱にクギ」という記事が掲載されました。

高額返礼品を狙った寄付が横行していて、一部の自治体に寄付が偏ったり、過疎自治体に寄付が集まらなかったりするばかりでなく、逆に地方税が出ていく現象も招いているようですね。
20170218-1.jpg

でもね。主夫は思うんです。
ふるさと納税の仕組みは、そもそも経済の競争原理を地方税寄付に取り入れたものなんじゃないですかね?

① 基本的に高額納税者=高額所得者の方が恩恵を受けやすくなってます。
② 特産品がある地域に寄付が集まりやすい。納税者は欲しいと思う返礼品(商品やサービスなど)がその地域にあるということですから、地域産業の育成に自治体としても力を入れてきた結果ともいえます。
③ 税収の豊かな自治体からの流出が多い。「全国ふるさと納税損得勘定ワースト20」のリストを見れば、大都市が並んでいます。ということは、都市から地方へお金が流れているので、本来の趣旨に則していると思います。

20170218-2.jpg

④ 返戻金にお金が掛かり、税金としての収入は5割しか生れない。でも、5割はその地方の産業に直接回るのですから、下手な公共事業などで雇用創出&経済活性化をするよりは、よほど直接的に経済対策になると思います。そして、ふるさと納税の返礼品がいいものであれば、寄付しなくても商品やサービスが今後も販売できる良い機会となるんじゃないでしょうか?

高度経済成長時代には工場団地を作って企業誘致をしたり、鉄道や道路整備を嘆願して、人や物の流れを取り込もうと地方自治体は努力してました。これも経済原理。ふるさと納税を通して、地方の産業が活性されるのであれば良いことじゃないですか。

ということで、ことしも自己負担金2,000円ぎりぎりまでふるさと納税致します。
そろそろお米無くなってきたので、先ずは「実家米」狙いかな。

そうそう、ものづくりが盛んで税収豊かな名古屋市は「純金・金鯱ミニチュア」なぞを返礼品にすれば、爆寄付になるんじゃないかと…。
20170218-3.jpg

悪い冗談でした~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

カーシェアリング 登録

新たに 主夫です。

早速ですが、カミさんと一緒にカーシェアリングの登録を行いました。

20170217-1.jpg

仕事でお客様廻りをやっているカミさんの方が車を使う機会が多くなっているので、二人まとめて家族会員として『タイムズ カー プラス』に登録しました。
車を手放した理由の一つには、お客様廻りの途中で、故障や事故になる可能性が増えるかもしれないという懸念もあったのです。
カーシェアなら運営会社が車を整備しているし、車両も新しいので安心です。

家の近くには複数のカーシェアリング会社のスポットがありますが、タイムズを選択した理由は、全国展開している会社のほうが旅行先でもちょっとだけ借りられるので便利です。
例えば、乘り鉄、撮り鉄、蕎麦鉄に行った先で、1時間だけ撮影のために借りたいとか…。てへへ。

そして、家族会員なら、月額基本料が1,030円で済みますし、利用した月は無料利用料金として充当されるのでお得です。
さらに、スポットがクイック検索できるスマホアプリまでありますから、さらに便利。
20170217-2.jpg

GPS機能が付いているスマホならばこそ、何処に行ってもすぐに近くのスポットが表示されて予約できます。
早速インストールしました。
20170217-3.jpg

予約の予行演習しながら主夫は考えました。
カーシェアリングが普及したのは、ITの進歩があればこそなのですよね。
スマホと車と予約システムが連動して初めて成立するビジネスです。そして、No.1企業のみが大きな利益を生む典型的なビジネスモデルかもしれません。

さて、あとは予約カードが届くのを待つのみ。初借りはいつかな?

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR