FC2ブログ

Entries

アメリカ経済分析?とTwitter

復活 主夫です。

米国の次期大統領がトランプ氏に決まってから約20日。11月17日のブログでもちょっと触れましたが(こちら)、その後も「なぜなのか?」が気になっています。

そこで、YoutubeにUpされている昔のドキュメンタリーを見てみました。

一つは「アメリカ冬の時代_転落する中産階級」Youtube
20161128-3.jpg

中産階級がリストラされて収入がなくなり、食糧配給やシェルターに頼らなくてはならないという2013年のドキュメンタリー。
所得の2局化が極度に進んでいる状況を捉えています。

例えば、パートの職が見つかっても最低賃金の9.0ドル弱。これで8時間働いたとして、72ドル。1ドル110円として、日本円に換算すると7,920円。
1日8,000として、月に20日働くと16万円。年収(税込み)192万円。
日本の非正規雇用と変わらない?と思えるけれど、どっこいアメリカは物価が高い。

世界の物価比較を表す指標の一つが『The Big Mac index』(こちら)
マクドナルドのビッグマックの値段を指標にしたもので、結構当てはまるのです。
20161128-2.jpg

このIndexによると、アメリカのビッグマックは5ドル。日本は370円となっています。
つまり日本円に換算すると 5ドル×110円/ドル=550円。
物価の比率は 550/370=1.486倍 なんですね。
ということは、192万円の年収は日本円に実質換算すると129万円に減るわけ。配偶者特別控除の上限額近くなりますね。
これで一家4人とか生活するのは苦しいでしょ~。

そりゃ、現状を変えてくれてくれそうな人だったら、もう誰でもいい!となりませんか?

で、今後どうなるのか?
それはトランプ氏の発言次第。
Twitter大統領と言われるトランプ氏が、何を血迷ったことを言い出すのか、Twitterに注目が集まっているらしいです。ということで、主夫も眠っていたTwitterのアカウントを復活させ、フォローすることにしました。
20161128-1.jpg


なんだか落ち着かない世の中ですね~。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR