FC2ブログ

Entries

収入減から家計を守る 「妻の働き方」 宣言

同感です 主夫です。

図書館の家庭本コーナーで何気なく手に取った本『収入減から家計を守る「妻の働き方」宣言』
2009年発行だけど、十分現在でも通用します。

20161016.jpg


「妻の」となっているけれど、妻に限らず「主夫」や「共働き」にも参考になる内容で、章立ては、
 第1章 「普通」の家計が破綻する
 第2章 家計を救う妻の働き方
 第3章 仕事探しに役立つヒント
 第4章 3大支出を制する妻の頭の働かせ方
 第5章 老後破綻にならないために
となってます。

著者の畠中さんは同年代で、特に主夫が興味を引いたのが、第5章の中の「夫婦共働き.なら、前向きな早期退職も可能に」でした。
畠中さん自身のプランは、「主人が早期退職した後は、世界各国をロングステイするのが夢。私は自分たちの食費や光熱費くらいを、原稿を書いて稼ぐというのがプランの前提条件」だそう。

そりゃ、これだけ著作や雑誌の連載があれば、やっていけるでしょう。と思ったら、
「他人の家庭と生活を比較しない」なんて記述もありまして…、
それぞれ身の丈に合ったプランを考えようということですね。

そのためには、
 『自分にとって「幸せな家庭の形」を考える。』
 『「家族が快適な状況とは、どんな暮らし方だろうか」と、突き詰めて考える。』

これは、なかなか手強い指摘です。
家庭には自分の力でどうにもならないそれぞれの事情ってもんがありますからね。

さて、若い世代がこの本を読むと、
家庭を持つのって、こんなに大変なのか?とか、子供を持つのって経済的に厳しくなりそう?と思ってしまうかもしれないけれど、知っておいた方が知らずに進むよりはいいんじゃないかと思えます。
Amasonなら古本で1円から買えますよ~。
『収入減から家計を守る「妻の働き方」宣言』

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR