FC2ブログ

Entries

そんなことにならないように。

あまりにも似ている? 主夫です。

この週末に読み返した本からの引用です。

① 『今や民主党の最大の敵は、平和に幻滅し、崇高な目的のための緊張と自己犠牲を捨て、世界のことなどにかかわらないで、もう普段の生活に戻りたいとするアメリカ国民の意識の変化であった』
→ アメリカ大統領選挙?

② 『実業家たちはビジネスの本質を忘れたわけではなかった。彼らはロータリー・クラブでは奉仕について熱弁をふるいながら、ロッカールームでは、農民・労働者・外国人・知識人のことをこきおろしていた。上品な言葉と高い希望にもかかわらず、多くの人々にとって、そこにあるものは金儲けへの猛進だけであるように思われた』
→ パナマ文書?

③ 『5歳以下の人口の伸び率は年々下がっていき、5年後はマイナスに転じて9年後にはマイナス3%を記録した。幼年人口の増加鈍化とそれに続く減少は、住宅需要の落ち込みが新規の世帯形成数の減少によってもたらされてたことを示唆していると同時に、「赤ん坊の不作」がその後の情総需要の減少に大きくこうけんすることになることを意味していた』
→ 人口減少問題と経済成長?

④ 『生じていた供給能力の過剰は需要不足によってもたらされたものであり、それは所得配分の不平等化の進展が主な原因であったと分析した。所得上位1%の家計の所得が国民全体の可処分所得の中に占める割合は19%にまで高まり…。略 繁栄の配分は労働者に薄かった。
経済全体の労働生産性は21%上昇したが、実質賃金の上昇は16%にとどまり、その間に大企業の利潤は170%も上昇した』
→ 富の配分と不平等?

読んだ本は「大恐慌のアメリカ (岩波新書)
20160626.jpg

第1次世界大戦の終結後から第2次世界大戦勃発までの大恐慌時代の政策と経済に関して書かれた本。 歴史に学べとは正にこのことか。

結局、経済対策として効果があったと私達世代が教えられたニューディール政策の効果は充分ではなく、景気が回復したのは戦争による特需であったと…。
そんなことにならないように。

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR