FC2ブログ

Entries

今宮神社 あぶり餅

そうだ京都いこう 主夫です。

一度行ってみたいと思っていた中村吉右衛門 (2代目) 鬼平犯科帳のロケ地。
今宮神社、東門門前茶屋の「かざりや」さん。

「笹やお熊」やエンディングのときに出てくる茶店がまさしく「かざりや」さんで、そのままといった雰囲気で営業されています。
調べると参道反対側の一文字屋さんは開業長保2年(1000)とのことで、10世紀超えているんですね。「かざりや」さんは創業から400年とのこと。京都ですね~。

20160304-1.jpg

20160304-2.jpg

20160304-5.jpg

さて、ロケと比べてみると、参道は石畳だけではなくアスファルトの部分があり、それは上手く砂か何かを撒くのでしょうか、アスファルトとは思えません。また、画面に余分なものが映り込まないように望遠レンズを使っているんじゃないかと思いました。私のデジカメは広角なのでトリミングしないと同じようになりません。
撮影スタッフの腕は確かだと見比べてみて思いました。

20160304-3.jpg

20160304-4.jpg

もちろん、「かざりや」さんで原作者の池波正太郎も食したという「あぶり餅」を頂きました。

20160304-6.jpg

向かい合って2軒が同じ値段で、同じようにあぶり餅を売っているのですから、それぞれの客引きを見ながらお茶を頂くのももうひとつの娯楽です。

20160334-7.jpg

通りかかるのはほとんどが観光客。一見さんで、常連さんにはならないでしょうから、この機を逃すまいと
 「お席空いております。お庭でもいただけますよ~。4名さまですね。どうぞお立ち寄りください。」と「かざりや」さんの客引きは積極的。さらに、入ろうかと迷っているお客さんをぐいぐい引っ張ってゆきます。
ほとんど、あのおばちゃんの引き込みがお客さんを呼び集めてますね。営業成績高いと見ました。
でも、その呼び込みが 目障りだとか、癇に障るというものではなく、軟らかさがある中で、芯があるという、京商売の真髄を見た気にもさせてくれるのでした。

また来ようと思ってしまった次第です。

Side Home DadNory@Side Home Dad*のホームページ

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR