FC2ブログ

Entries

電力小売自由化

地域格差 主夫です。

最近TVで4月から実施される電力小売自由化が取り上げられる事が多くなってきました。そこで主夫も少しお勉強。

先ずは、参入している企業ですが、とあるサイトhttp://enepi.jp/articles/153では、登録企業数は130社あるとののこと。
価格の比較を行うのにあたり、価格.comのサービスを使って試算してみましたhttp://kakaku.com/energy/。価格.comでは、従来の電力10社に加え、ガス会社系7社、石油系5社、そのほか通信系など含め15社。合計37社で比較できるようです。これはきっとお安くなるに違いない。

20160122-1.jpg

電気の請求書に記載の消費電力を1年間分入力して、ぽちっとな。
主夫が住んでいる中部地方で選択できるのは、中部電力(当たり前)、東京電力、HTBエナジー(旅行業者のH.I.S.ですな)の3社。値段は1年契約で、HTBにすると3820円安くなるようです。
でもね。37社で比較できるはずなのに?と思うと同時に、事業者によってサービス提供地域が限定されるんだな、と思いました。

そこで、東京23区で比較してみました。
すると、提供会社は8社に増え、年間6860円の削減+価格.comキャンペーンで5,000円の商品券キャッシュバック。地域が違うと8040円もの差が出るんですね。何じゃそりゃ。

20160122-2.jpg

ならば、沖縄は?と調べると、沖縄電力しかなく、
親戚の居る四国は四国電力しかなく、
福島県は?とおもったら東京電力、イーレックス・スパーク・マーケティング、HTBエナジーの3社で、HBTが最安でした。

これまで電力は全国津々浦々に安定供給するため、国策による均一サービスでしたが、これからは、重要と供給の原理に従って、需要の多い大都市圏は参入企業が増えて価格が下がり、地方は選択肢が少ない、もしくは無く、価格は据え置きという事になるんじゃないかと。
ABEさんは地方創生活性化とか言ってますけど、これ、新たな格差を生み出しているんじゃないかな?

さて、主夫はどうするかですが、契約電流の低減を検討します。それで年間3360円安くなる。ふふふのふ。

Side Home DadNory@Side Home Dad*のホームページ

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR