FC2ブログ

Entries

スイスショック

明日は我が身 主夫です。

今週の一大ニュースは、『スイスショック:1月15日にスイス中銀はユーロ・スイスフランの為替レートの上限を撤廃し、1ユーロ=1.20スイスフランと設定し、無制限のフラン売を行ってきた為替介入を終了した。』
つまりは、中央銀行などによる為替や経済介入施策はその効果が薄れ、終了したときにゆり戻しが来るというこではないでしょうか?
20150117.jpg

たとえば、アドピー性皮膚炎でステロイド系の薬を使い始めたときは効果があっても、使い続けるうちに効果が薄れ、中止すると大きなリバウンドが来る様なものではないかと。

為替介入ではないですが、日銀は指数連動型上場投資信託受益権ETFを購入し続けて株価を下支えしています。1月に入ってからでも
1/5=374 1/6=341 1/13=341 1/14=341 1/16=342 これだけでも1,738億円です。
日本銀行:指数連動型上場投資信託受益権(ETF)および不動産投資法人投資口(J-REIT)の買入結果
2014年1月以降の総計は1兆4,583億円となり(2013年10,953億円、2012年6,397億円、2011年8,003億円)、1月14日発表の営業毎旬報告(平成27年1月10日現在)の報告によれば、信託財産指数連動型上場投資信託の保有金額は3兆8,672億円。

この下支え施策を縮小もしくは中止すると発表した場合、スイスショックのような現象が発生するかもしれません。
15年度予算案(閣議決定)で内訳が発表された新規国債36兆8630億円のように、返すに返せない借金を「ETFの買い支え」という別の方法で作ってしまったようです。

こりゃ~いかんでしょ。

Side Home DadNory@Side Home Dad*のホームページ

にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR