FC2ブログ

Entries

題材は

後味 主夫です。



黒澤明監督作品「悪い奴ほどよく眠る」を観ました。
公団と建設業界の汚職事件を扱った作品で、製作されたのは1960年。結末の後味は現代の映画と比較すると良いものではありませんが、それだけ社会に対する訴求を意識したということでしょうか?

松本清張原作、小林恒夫監督作品「点と線」も官公庁と出入りの業者の汚職を扱った推理小説の映画化で、1958年公開。

その年代ゆえなのかは判りませんが、汚職が頻発していたのでしょうかね?50年以上経過した今でもニュースや新聞、週刊誌を賑せることがあるので、図式は変わっていないのかもしれません。

来月は衆議院選挙。これはもう、どうしたものかと頭が痛いです。はい。

今日は7122歩
体重72.4kg


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR