FC2ブログ

Entries

Killer At Large

結局は食教育 主夫です。



スーパーサイズ・ミーキング・コーンなどのFirst Foodやアメリカの肥満に関する一連の映画で日本で公開されていない『Killer At Large (2008) 』をYoutubeで見ることが出来ます(但し英語)
 Killer At Large (2008) Play List

アメリカ合衆国農務省U.S.D.Aが拒否する学校給食はは、野菜サラダ、砂糖の入っていないパン、フレッシュフルーツ、無加糖の牛乳。
承認するのは、チキンナゲット、フライドポテト、コーンシロップが掛かったフルーツ、砂糖の入ったチョコレートミルク。
U.S.D.AのTOPはFirst Food企業から就任していたりしますからね。

当初は、摂取するカロリーを減らそう!とのキャンペーンを政府がやっていましたが、そのうち、First Food業界は『Better for you』のキャンペーンを打ち出し、その後政府の対策も、摂取を減らそうから、エクササイズの推進に変わって行きます。
その観点からは、日本の学校給食は、栄養バランスを考え、地産地消に取り組むなど、まだまだ大丈夫なように思います。

私も摂取制限しないといけないかなぁ~

体重71.7kg この映画を見ると、脂肪吸引はしたくなくなります。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

DIYで家を

着々と 主夫です。



姉から家の画像が送られてきました。玄関の敷石が完成したらしい。
姉の家は、かれこれ何年になるのやら?義兄(右)が親戚や友人(左)と一緒にDIYで建てているのです。

2003年の時点では、すでに大方出来上がって住んでいましたが、外壁の断熱と塗装が未だでした。照明も裸電球が釣り下がっていただけでしたね。
2008年には、家は完成しましたが、外溝工事が未着手。門から玄関の間も土のままでした。
2012年になり、画像のように敷石が完成。なんともゆったりした経過ですが、これもDIYの良さですね~

さて、庭が出来上がって、全て完成するのは何時になることやら?
それはそれで楽しみなのです。ハイ。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

主夫の家計簿

次の術は? 主夫です。



これまたレンタルDVDの『武士の家計簿』を借りてきました。
幕末~明治にかけて、加賀藩御算用者の家計にまつわるお話です。2010年12月公開から2年近く経過していますが、見るときがありませんでした。

映画を見てから、原作本である新書の『武士の家計簿「加賀藩御算用者」の幕末維新』を図書館で借りて読みました。
映画で大まかなストリーがつかめているので、新書の内容がすんなりと理解できます。
年収の2倍の借金を返済するために付け始めた家計簿が基礎になっていますが、猪山家の生きる術に着眼して書かれているので、現在の私たちの家庭運営にも役立つ内容になっています。

 家計簿を付けて金銭の管理を行うこと
 余剰金の運用を判断すること
 家を存続するために子供の教育を熱心に行うこと
 時代に見合った能力を身に付けること

私が就職したのはバブル経済が始まった時でしたから、大企業に就職したり、高級官僚に成るなどが安定した就職先で、受験勉強⇒有名大学⇒就職⇒生活の安定 という方程式がある程度明確になっていました。
猪山家の子息も明治の激動期に算術の才を買われて当時のエリート官僚である海軍で働くことにより禄を得ていますね。

自分と時代の双方に見合った術を考えることが必要なことには変わりはありません。
ただ、現代社会は身に付けた術の有効期間が指数的に短くなっているので、有効期間の長い術を考え出すことが最も重要になります。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

2つのドキュメンタリー

影響力? 主夫です。



レンタルDVDの「地球にやさしい生活」
を借りてきました。
内容は他のWebPageを検索頂くとして、DVDを借りたのは、「もう一度見てみたい」と思ったからです。確か以前にTVで放送されたような。

DVDを見始めて…
 「あれ、このドキュメントの舞台はNewYorkになっている。確かTV番組は北欧のはずだったけど…。」
と思い調べてみると、TVのそれは「お父さん それでもやるの? -涙と笑いのCO2削減作戦-」フィンランド Documentaries / Millenium films製作でした。違うドキュメンタリーですね。
でも、ドキュメンタリーの構成は2作品とも似たり寄ったりで、CO2の排出を削減したり、電気の消費を抑えたり、車の使用を止めたり、自然食品を使用するなどなど、「地球にやさしい生活」が「お父さん それでもやるの?」のRe-makeと言えなくもありません。実行の発案者がご主人で、奥さんの同意を得るのが大変なところも一緒。

違うのは、「地球にやさしい生活」は主人がほぼ主夫であること。料理、洗濯、育児を担当していますね。奥さんはこれまで料理をしたことが全くない様子。初めて料理を習い、家族の夕食を作る場面が出てきます。
「お父さん それでもやるの?」は、家事は分担しているけれど、フィンランドの冬の夕暮れ時、子供とバスを待つのは奥さん。車が無い生活は、生命に関わりそうな環境ですから、見ていて「そこまでするのか?」と思ってしまいます。

さて、「地球にやさしい生活」は映画になり、DVDになり、実施中もABC Newsに取り上げられ…。やはりメディア力の違いでしょうか?

あ、我が家は絶対ここまでやりません。省エネは心がけますが、文明の利器はもちろん利用します。

体重??kg


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

彩りminiぱん

嬉しいうれしい 主夫です。



8月7日花の日に偶然Openが重なったお米粉と天然酵母パン&CAFEの『米花』さんに寄って来ました。

5色のパンがセットになった「彩りminiぱんセット」を購入。材料に柴芋、白ごま、黒ごまを使っていて、五色餅を発想してしまいました。
米粉だからでしょうか?モチモチしていて、生地もしっかりしているので、小さなパンでも食べ応えがあります。

Openしてから1ヶ月が経ち固定客さんも付いてきたようで、小麦アレルギーをお持ちの方も来店くださるとか、ランチメニューの「鶏ハム米粉イングリッシュマフィンサンド」が人気だとか。
店内もPopが増えるなど、いろいろと工夫されているようです。繁盛すると嬉しいな~。と密かに?願っています。

HomePageはこちら米粉と天然酵母パンのお店『米花』

体重72.1kg ← とりあえず歩こう。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

量の可視化

目に見えると恐ろしい 主夫です。



郡上八幡に行ったとき、ロウによる食品サンプル製作発祥の地とあって、見学してきました。
天麩羅の製作とか、レタスの作り方などの実演、体験が出来ますが、私の目を引いたのは画像の物体。

3kgの脂肪の大きさ&重さのサンプル(というか模型と言うべきか)でした。お腹に当ててみるとその存在感が大きい。目標体重まで3kg減らしたいのですが、ついつい食べ過ぎて…。サラダランチ弁当も何時の間にか中断されて…。これではいけません。

TEDに「ジェイミーオリバー TED prize wish: 子供たちに食の教育を」というスピーチがあります。こちら
アメリカの子供たちが5年間で牛乳から摂取する砂糖の量がステージにばら撒かれますが、言葉で数値で話すよりも、実際に視覚に訴えることは大きなインパクトがあります。

私もこの画像をお守り代わりにしますかね?
携帯の待ちうけ画面とか…。
ちょっとつらいかな?

体重72.0kg ← 下痢止まり、体重すぐにリバウンド。とほほ。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR