FC2ブログ

Entries

北京空港のお店

やはり元祖 主夫です。



北京国際空港の出発ロビーのお店をちょっと紹介。

豪雨によるフライトキャンセルの徹夜明けで、日本食が恋しくなり、International Waiting Area, 2F, T3にある日本食レストランMin Ge Japanese restaurantに入りました。
お刺身とか、お寿司もありますが、火が通っていたほうが良いかな?と思い、大好きなトンカツ定食を注文。
出てきたのは、厚さ6mmほどのトンカツです。上下の衣が2mmずつ。豚さんのお肉は2mmぐらい。生姜焼き用のお肉のほうが厚いような...。お味噌汁の出汁はラーメンの様で、味噌ラーメンのスープのような?お味噌汁のような...。ということで、トンカツ定食はやめましょう。
うどんもありましたが、どんな汁なのか?想像できません。

カミさんからの指令「ワイン買ってきてね~」との事で、ワイン売り場に。
種類はオーストラリア産が多いです。フランス、ドイツワインは皆無。チリ産が少し。
この売り場の特徴は、ワインのボトルを立ててDisplayし、下からLEDの照明でそのボトルを照らしているのです。ボトルはこれまで手に取ったであろう幾人かのお客さんの指紋がべたべたで…。ということで買わずじまい。

ワインが買えなかったので、やはりここは、お茶でしょ。
Waiting エリアにあるお茶のお店、店員さんが片言の日本語で対応くださり、香りの良いジャスミンTeaを選ぶことが出来ました。
ジャスミンTeaは、葉だけのもの、花が入ったものなど、種類が豊富でした。中国茶。美味しいです。

万歩計は??。体重??kg。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

スピードは6倍

広い! 主夫です。



徒歩観光では地下鉄の前門駅に位置する前門:正陽門から、故宮の入り口である午門まで、歩いて行く事をお勧めします。それは、中国の政治を表しているからです。

箭楼の後ろが正陽門で、そこから北側にある天安門まで、東側に中国国家博物館。西側に人民大会堂。中央に毛沢東記念堂、人民英雄記念碑、国旗掲揚台と続きます。建物の上や広場の中は多くの国旗が翻っていました。
天安門前広場まで1kmほど。幅が400m以上あります。広場の北側、天安門から、故宮の午門までも650mぐらい。公的な機関、新しく再開発された施設は何処も広いです。この広さは、米国のワシントンD.C.にあるスミソニアン博物館やホワイトハウス前の広場とはまた異なった感覚で、緑が有りません。

さて、最近経済成長が低下して来たと言えども、こんな広大な国土が加速度的に成長するのですから、ビジネスのスピードも日本と比べ物になりません。
ゆっくりと高度成長した日本の発展期とは違って、技術革新のスピードが激しい今ですから、じっくり、ゆっくり、時間を掛けて…。なんて事をしていたのでは、その隙に誰かに追い越され、チャンスを奪われて行くであろう事が容易に想像できます。
中国企業と取引のある方は、「中国のビジネスのスピードは日本の6倍」と言っておりました。

政治の変革にしても、経済にしても手間隙掛かる日本は、これから優位性を保って行けるのでしょうか?

万歩計は6632。体重71.4kg。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

大気汚染

霧じゃありません 主夫です。



21日の集中豪雨から一転。22日は晴れてフライトもOnTime。無事帰国しました。

中華人民共和国は、FacebookもTwitterもアクセス不可能なので、これらのサイトには辿り着けず不便でした。そして絶対に検閲されているような気がします。
北京空港内のInternet Accessは24時間有効なOne Time IDとPasswordが発行されますが、そのID取得にはパスポートを自動発行機に挿入してスキャンさせねばなりません。
誰が、何処に、何時、何をアクセスしていたのか、全て把握されるわけです。従って、よろしくない事は書けません。さすが言論統制。

さて、画像はOrympicの会場:鳥巣の定点観測。
到着した月曜日が上の画像。鳥巣の構造が良く観察できます。遠方の空もほんのり青い。
一方、下の画像が土曜日。豪雨の中での撮影ではありません。また降り出す前で、雲天ですがこの時期、霧が発生するわけでもないのでスモッグです。
月曜日から土曜日に掛けて、日を追う毎に視界は悪くなり、もはや土曜日は鳥巣が微かに見える程度。
こんな大気の中をマラソンするなんて、出場拒否した選手が居るのも納得できます。

万歩計は9876。体重??kg。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

フライト・キャンセル

初体験 主夫です。



帰国の日の天気予報は午後から雨。ちょっと早めにお昼前にHotelを出たときはパラパラと降り始めていました。
出発は夕方なので、降ってもそれまでには止むだろうと思っていたのです。ところが、

スコール以上の降りで豪雨に近い。雷は鳴る、雨で視界はなくなる、勿論着陸する便も、離陸する便も全て停止。そのうち夕方の出発が1時間、2時間と伸びて...。
結果はフライト・キャンセル。

これまでDelayedとか、次の便とかは幾度も経験していますが、キャンセルは初めてです。
Gateから、出国セキュリティーを逆に再入国して、預けたBagageをターンテーブルから受け取って、再度Check-innカウンターで次の日のフライトの登録。
日本語はまったく通じませんから...。とほほのほ。

泊まっていたHotelに空きが有ったので、1泊の予約をして、Hotelに向かおうと思ったら、AirePort Railは雨で運行停止。Taxiには長蛇の列。おまけにNo-Taxiとか職員が言っている。ということで、空港で徹夜と相成りました。

椅子は椅子取りゲーム状態。空港職員がダンボールを配っていて、皆さんそれを床に敷いてお休み。国際線は言うに及ばず、国内線も欠航続出。出発カウンターのロビーは人で溢れ...。

ということで、まだ空港でございます。

万歩計は19313。体重??kg。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

徒歩観光その2

下町? 主夫です。



市内徒歩観光その2。

天安門に行く前に、地下鉄の前門駅で下車します。前門:正陽門の南側は、北京の古い商業地域で、リノベーションされ、観光地になっています。
表通りには、観光用の路面電車が走ったり、ブランドショップや老舗が並んでいますが、一本西側の路地は小さな商店が所狭しと並びんでいます。
小さなおもちゃがや御土産が1元前後で売られているので、多くの観光客が買い物をしていました。路地のそのまた奥にもお店がありますが、ちょっと怖そうなので立ち入らず、お店をひやかしながらお散歩でした。

この前門の北側が、天安門広場に通じていて、政治の中心地です。

万歩計は??。体重??kg。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

徒歩観光

お勧めは 主夫です。



ミーティングの最終日は早めに終了したので、市内観光に出かけました。
Hotel から勿論地下鉄を乗り継いで行きます。40分ぐらいで到着。

目的のひとつは天安門広場と故宮です。
どちらも観光シーズンとあってか、人出が半端ではありません。旗を持った添乗員さんを先頭に、地方から首都北京に観光に来たと思しき団体さんが列をなしています。
天安門広場の門の両側は、スタジアムの観客席のようになっていて、ここに政府の関係者?が式典などに並ぶのでしょうね。

天安門から北側は故宮。
広いのですし、17:00で閉門なので、全て見ることは出来ませんが、正門?から北門に通り抜けるのがお勧めです。団体さんもそのルートを辿るようです。
私のお勧めは陶器館です。正門を入って右(東側)に行くと、陶磁器を展示した建物が3つあります。一部修復中ですが、中には景徳鎮をはじめ、紀元前から18世紀までの陶磁器が展示され、見ものです。
一部は日本にも昔輸入されたものが美術館などにありますが、さすが本場。質が高いですね。レプリカ品を販売しているショップも並列されていました。
観光客も居ませんし、冷房も効いて過ごし易く、陶磁器に興味のある方は、観光と人に疲れた場合のオアシスです。

北門を抜けると堀沿いに歩くと、故宮の情緒が味わえます。
地下鉄の駅からは遠く、バスに乗るのはどこに行くのか判らないので、長距離を歩かねばなりませんが楽しめますよ。
今日は17km以上歩きました。

万歩計は22141。体重70.8kg。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR