FC2ブログ

Entries

グリルのバーナー

ムズムズ 主夫です。



今年の年末は例年になく多忙。出張も重なって、西へ東へ行ったり来たりで、なかなかゆっくり過ごすことが出来ません。
そんな時、出頭から帰ってくると、台所のレンジの上に見かけないものが置かれていました。
カミさんに聞くと、
 「お魚焼いていたら、なにやら落ちて来たのよ。」
とのことで、どうやら、グリルのバーナーが落ちてしまったようです。

バーナーを吊っていたステー部分が錆びて、バーナーごと落ちてしまったらしい。これでは、魚が焼けません。
と言っても、当分修理の時間を捻出する事も出来ず…。

時間が出来るまで、修理の方法をじっくりと考える事にします。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

神の思し召し

日ごろの行い? 主夫です。



昨日12月11日に父の49日:満中院を無事終えました。
葬儀も家族葬でしたから、法要も家族だけで執り行い、Viennaから来てくれた義兄を含めて6人。

法要の後、お供え物をしたいと言う伯母に「お供え物をするなら、今日の夕食代持ってくれる?」とお願いして、皆で回転すし屋さんに行ったのです。
一皿105円(消費税込み)。6人それぞれ好きな物を食べ、ビールも飲んで、お支払いは合計8400円。こりゃ安いかも。

今日13日。仕事を終えたカミさんからメールが来まして。
 「御世話になっているクライアントの社長さんが、お寿司を奢ってくれました~♪ お昼からカウンターで、大トロ、鮑、雲丹、烏賊、海老、どんどん注文。
  やはり、寿司屋のおすしは美味しい♪♪♪」
とのことで…
 「やはり、日ごろの行いだわ~。神の思し召し♪」
だそうです。

昼食1Bent=280円の私とは、どえりゃ~違うがね。で、ございます。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←シュトレン注文しようと思った方は"ぽちっとな"お願いしま~す。

のりちゃんのり弁

憧れる? 主夫です。



映画「のんちゃんのり弁」のDVDをレンタルして早速観ました。
ストーリーは公式サイトをご覧頂くとして、やっぱり惹かれるのは中に出てくる「小巻謹製:のり弁」でしょう。

この映画の影響なのか「みんなののり弁100レシピ」
なんて単行本までありまして、お昼の弁当をのり弁シリーズにしてみようかなと。

でも、ちょっと問題なのが、ご飯とおかずの量なのです。
のり弁の主役はやはり「ご飯」
混ぜご飯にふりかけご飯、味ご飯。
肥えるんだな、これが。
それでなくても、ご飯大好き、パン大好き、炭水化物大好きな私にとって、のり弁シリーズは危険かも。
まぁ、おかずを定番の魚フライと竹輪の天ぷらにせず、映画の様な和食材中心にすれば健康的なのですが。

そうそう、「ととや」の鯖の味噌煮。これも食べてみたい。
どうして映画に出てくるお店はかくも美味しい店が多いのか。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

借金

お国の借金 主夫です。



父の遺品を整理していたら、またまた古い文章が出てきました。日付は昭和25年3月1日。父は1919年生まれですから、31歳のときの文書です。もちろん私は生まれていませんし、父は結婚もまだしていません。

文書の内容は「在外公館等借入金確認請求書」
あて先は、外務大臣 吉田茂です。

一体この確認請求書とは何なのか、Googlingしてみると、法律が出てきました。
在外公館等借入金の確認に関する法律(昭和二十四年六月一日法律第百七十三号)
(定義)
第一条  この法律において「借入金」とは、太平洋戦争の終結に際して在外公館又は邦人自治団体若しくはこれに準ずる団体が引揚費、救済費その他これらに準ずる経費に充てるため国が後日返済する条件のもとに在留邦人から借り入れた資金をいう。
2  この法律において「借入金の確認」とは、政府が現地通貨で表示された借入金を、法律の定めるところに従い、且つ、予算の範囲内において、将来返済すべき国の債務として承認することをいう。

つまり、日本国が引揚費用を捻出するために、外地の在留者からお金を借りたということですね。
父は中国に赴任していましたから、現地の公館で昭和20年の9月4日に国に対して参萬円を貸したようです。
国会図書館の換算方法によると、昭和25年の1,000円は平成19年では8,000円に相当するらしく、物価で判断すると約10倍。銀行員の初任給で比較するなら約20倍。
3万円は24万円~60万円のレンジになりますね。

そうやって、皆で助け合って、外地から本土に多くの在留日本人が引き揚げてきたのでしょう。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Nori-Ben

消費動向 主夫です。



市長と知事のW選挙になって話題を集めた大阪市で社長業をやっている友達と話をしていたときのこと、大坂の景気を推し量る指標には2つの項目があると聞きました。
一つは賃貸オフィスビルの空室率。商業の中心地大坂本町周辺のオフィスビルは空室率が高くなり、借り手が居ないらしい。彼も借りていたオフィスを、レンタルオフィスに移して、コスト削減を図ったとのことでした。
オフィスジャパン-ネット 市況レポート:大坂

もう一つは、オフィス街のランチの価格。
元々大坂の食文化は「安くて旨いは当たり前」と言われていましたが、さらに加速して「ワンコインでお釣が来て当たり前」になっているそうです。
普通の食堂や喫茶店など、店舗を構えたお店ですら480円ランチが主流。ライス大盛りサービスもあるらしい。

お持ち帰り弁当に至っては、「のり弁当290円」が、時々キャンペーンで値引き販売をしていた価格230円に常套かしているらしく、
 「こんな状況では経済回りません」と言ってました。

円高になって、輸入食材の価格が相対的に下落しているから成せる技なのか?
でも、派遣勤労者の時給が1800円を切り込んでいたのでは、ランチ480円も、のり弁当230円も安くないのかもしれません。

そうそう、映画「のんちゃんのり弁」観たくなりました。公式サイト


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

お得な?目玉焼き

応用編 主夫です。



朝ご飯の担当は私です。
パン食なので、玉子とハムorベーコンorソーセージを食べています。午前中の仕事を効率よく遂行するには、朝に良質なたんぱく質を獲ることが欠かせません。

玉子は震災の影響で一時期値上がりしましたが、今は落ち着いていて、標準的な価格に戻っています。
ソーゼージ類は加工食品なので、それほど値段の変動がありませんが、価格と味は正比例の関係にある様で、お得なものはそれなりに、高価なものはやはり美味しく…。
どうせ食べるなら美味しい物を!
でも、沢山食べられないので、考え出したのが、地元の名物鰻料理「ひつまぶし」Wikipediaの様に細かく刻む作戦です。
鰻といえば、うな重orうな丼or蒲焼でしたから、名古屋に来るまでは「ひつまぶし」なんて知りませんでした。何ともセコイ食べ方ですが、少しの量を多く見せる知恵は頂けます。

ソーセージをスライスして、目玉焼きの上に載せ、焼けば出来上がり。ハムエッグのソーセージ版です。
お安いソーセージでも美味しくいただけるので、お得だがや。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR