FC2ブログ

Entries

予想必要整備経費

予算折衝 主夫です。



先日書いた車のエンジン回りの整備。見積が来ました。
今までで最大の出費


財務省からは、
 「経費の工面は自力で何とかせよ。」
との命令が。

 「御家族皆様が恩恵を受けているのだから、ここは一律のご負担で…。」との交渉も。
 「別にリッターカーでいいのよ。私は。小回り効くし。」と切り返され、
 「今後数年間の予想必要整備経費を提出せよ。」との命令が下されました。正論と言えばそのとおり、「ちゃんと数字に落とし込んだ報告をせよ」と言われるのも、ごもっとも。
普通の一般家庭でもこうなのに(←普通ではない?)、政府と東電に聞かせてやりたい。カミさんからの通達。

少しでも自力で出来ることは実行しようと言う事で、ブレーキパッドの取替えはDIYで行なう事にしました。まぁ、何回もやっているし。ローターの磨耗も基準内ですから。
さて、予想必要整備経費の算出。どおうするべ。




Nory@Side Home Dad*のホームページ


要るものは要るのよ←主夫アイコン"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。

Zen-Style sweets

気持ちを新たに 主夫です。



カミさんの友達が、教え子のグループを連れて、米国から日本の大学への留学の下見にやってきました。
行く先々の観光地で、「震災以来2つ目のグループです!」とか、「良く来てくださいました!」とか、手厚い歓迎を受けたそうです。

外国人観光客、ビジネス客が来日しないと、通訳業のお仕事は上がったりです。経済が落ち込みます。家計も落ち込みます。
カミさんは、
 「今のうちに下見に行ってくるわ~。」と、
今度もお一人で京都にお出かけになりました。(高速バス往復3,920ですけれど。)

お土産は、柳苑「つくばい」です。
楽石と同じですが、龍安寺のつくばいをデザインした"Zen-Style sweets"とのことで、日本茶に合うお菓子です。

日本には沢山の美味しい物があります。是非ぜひ、沢山の方に来日して頂きたいですね。

と言いながら、私も食べ過ぎている…。体重が…。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


美味しいものは自粛しない。←主夫アイコン"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。

消灯主夫

請求書を見つめる 主夫です。



原発事故の補償金負担を巡って、基本構想が固まってきたようです。
 「電力会社など原子力事業者が共同で新機構を創設し、公的資金も投入して東電の保証金支払いを支援する。」
 「電力各社の利用者の電気料金は値上げとなる可能性が高く、電力業界と国で東電の保証金支払いを支える仕組み。」(日経新聞)

ということは、
 電力会社→電気料金値上げ→消費者負担
 公的資金投入→税金/国債→国民負担
つまりは、国民が保証するということ意外ではありません。

だったら、主夫としては、ヨーロッパの先進国のように、契約できる電力会社を選択できるようにして欲しい。
環境エネルギーで発電する電力会社とか、原発でも新しい設備を持っている電力会社とか。

そなるには、今の体制でははるか先になりそうなので、とりあえず「消し夫、スイッチ男、消灯主夫」になって節電するしかありません。
 

Nory@Side Home Dad*のホームページ


無駄な電気は使わない。←主夫アイコン"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。

リニア・鉄道館

期待したけど 主夫です。



カミさんが、仕事の下見でJR東海 リニア・鉄道館に行ってきました。
3月14日に開館したのですが、震災の自粛ムードも有ってか、Opening Eventや宣伝もあまり無く、ゆっくりとした滑り出しのOpenだったようです。

私も行きたかったのですが、主夫は業務のため行けず…。
「きっと珍しい車両を沢山デジカメで撮影してくれるのだろうな。」と期待していたのですが、画像を見てみると…。
車両は1枚も無く…。
何故か説明の看板、それも「音声ガイド」のものばかり…。

そりゃね、お仕事で訳さなければならないから、判らなくはないですが…。
極めつけは、お言葉。
 「な~んにも、面白くなかった。電車並んでるだけだし。」
まぁ、興味の無い方にとっては、そんなものかも知れませんが。



 「そうそう、平日なのにおじさんが多かった。鉄子さんも居たよ~。」
はいはい。好きな人は行くんです。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


リニア・鉄道館に行って見たい!と思われた同士の方は←主夫アイコン"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。

物価の名目と実質

価格の落ちないものは? 主夫です。



きっかけが何だったのか忘れたけれど、ロジャー・ミラー著の「経済学で現代社会を読む 改訂新版」を読んでいます。
この本は、各章の終わりに演習問題が提示されていて、読んだ内容が正しく理解できているか、自分の考えや意見としてまとめられているかをチェックできるのです。

第7章[物価の名目と実質]の演習問題は、
 品質向上により、インフレーション修正後の価格が、その実質価格を正確に表現しない財サービスのリストを作成せよ。
 次いで時の経過とともに一貫して品質が低下する品目リストが作成可能か試みてみよ。
 その上で、前者の例を見出すほうが後者の場合よりもはるかに容易である原因を考えよ。
というものです。

前者は、年々高性能になるパソコンや家電製品、自動車等の工業製品。携帯やインターネット等の通信環境、ホテルや旅行のサービスなどなど、つまりは経済活動によって競争原理が働いている分野が当てはまります。
後者は、なかなか見つけるのが難しいのですが…。これはもしかしたら、日本の政治?これからの電力コスト?競争原理が働かない、保護主義や規制に守られた分野を探すと出てきそうです。

現在の日本の状況に照らし合わせると、良く理解できるかもしれません。
東京電力の原発関連補償費用を、第三者機関を創設して原発保有企業からの出資でまかなう様ですが、電力業界にも新規参入障壁を無くし、競争原理を導入し、自由化すれば、サービスは向上するのではないか?と思うのでした。

政治は…。これは国民の意識にかかわってますね。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。

計画

Renewalを検討する 主夫です。



うちの自動車は今年の1月に7年目の車検を通しました。そのときの様子はこちら。そろそろ、Renewalが必要です。
もちろん、買い換えるわけではありません。中古車で購入してから、ず~っとユーザー車検をしていますので、その分、信頼の置けるショップにお願いして、手を入れるべきところは直すのです。

今回は、エンジン周りの整備を検討しています。エンジンのバルブを動かすカムシャフトに動力を伝えるTiming Beltは、メーカーでは10年もしくは12万キロを交換の目安としていますが、8万キロor8年。またはそれよりも短い期間での交換を勧めている場合も有ります。
交換しても性能が良くなるわけでは有りませんが、走行中にTiming Beltが切れると、バルブとピストンが干渉して、エンジンが全損に近い故障となるります。そうなる前に予防措置として交換するのです。
Timing Beltを交換するついでに、water pump、tensionerなどなど、多くの部品も交換します。

この後も、サスペンションアームの交換とか、ブレーキローターの交換とか、いろいろと手を入れなければならない所があるのです。
財務省の許可が下りますように…。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←主夫アイコン"ぽちっとな"で応援お願いしま~す。

Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR