FC2ブログ

Entries

原発事故サバイバルハンドブック

避難状況が気になる 主夫です。



連日原子力発電所の話題ですみません。
チェルノブイリ原発事故の時に放射性物質が拡散した地図がNet上に数多く掲載されています。風向きによって半径200Kmまで高濃度の汚染地域が存在します。その場合、住民はどのようにして避難すればよいのでしょうか?

BBCには、福島第1原発の半径20Kmから避難されてきた方が放射線量を計測されている画像が掲載されていました。
計測する係官は防護服を着用し、ガスマスクの様なマスクを装着しているのに対し、非難されてきた住民の方々は普段着です。そして雨が降っています。傘の無い人は段ボール等を雨除けにしていました。

雨や雪は空中に飛散した放射性物質を含むチリや埃を含んで降って来ます。雨や雪のときは、屋内に退避するのことが必須だと、「原発事故サバイバルハンドブック」には書かれていました。
不安を煽るわけでは決してありませんが、正しい知識を提供されないのであれば、正しい知識を自ら集めて学習し、実行できるようにしておくことが、家族を守る主夫の務めですね。

そうそう、トイレットペーパーや電池を買い占めないように!

今日は69.9kg


Nory@Side Home Dad*のホームページ


「原発事故サバイバルハンドブック」をGoogle先生に聞いてみようと思った方は?←主夫アイコンを"ぽちっとな"応援お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR