FC2ブログ

Entries

肺気腫

回復力に驚く 主夫です。



10月末、大正生まれの父が肺炎で緊急入院しました。
一時期は心配な状態でしたが、2週間経過して病状は随分良くなり、栄養点滴も1日1回、離乳食の様な病院食も食べ始めています。

驚くのはその回復力。超高齢にもかかわらず「生きよう」とする意志と、生命力の強いこと。
父は一人暮らしで、週1回のヘルパー訪問を受けていましたが、食事、洗濯、掃除、買い物、庭いじりなどなど、自活しています。やはり、生活の基盤である家事を行ない続ける事が健康を長く保ち続ける秘訣かもしれません。家事は頭も使いますから、ボケ帽子にもなります。
そんな父でも、今回の入院で直らない症状が明らかになりました。
 肺気腫です。

肺気腫は喫煙や受動喫煙によって、肺胞が破壊される病気で、一度壊れた肺胞は再生されません。肺気腫が進行すると、血中の酸素濃度が低下して、歩行や日常生活にさえ支障が出るばかりでなく、中~高度病状の5年生存率は50%です。

父は15年前にタバコを止めましたが、55年以上の喫煙歴でした。やはりタバコは良くないですね。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←値上げを機会に禁煙する人が増えているよね、と思った方は、"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR