FC2ブログ

Entries

Zwei

参加する 主夫です。



パンが好きな人が集まている会「お気楽 パン会」の2周年記念パーティに参加してきました。

参加申込をしてから良く良く考えると、パン好きな人は女性が多いので、単独参加する今回は浮いてしまうかも…。などなどハラハラ・ドキドキ。
会場に着くと、やはり男性の姿はちらほらとしか…。
その男性はといえばスタッフさんだったり、パン屋さんだったり…。
 いやはや、恥ずかしい。

そんな中で、極力パン屋さんを捕まえて、パン作りのコツの様なことを聞いてきました。

 「パンには、硬水と軟水のどちらがお勧めですか?」
 「ハード系やフランスパンは硬水が適していると思います。ディニッシュや食パンは軟水系ですね。」

 「フランスの現地のパンと日本のフランスパンの違いは?」
 「水や作り方など、いろんな要素がありますが、まずは小麦粉の粒度です。日本の業務用小麦粉はアメリカパン系向きに製粉されていて、粒が細かいですね。ハード系やフランスパン用の粉は細かすぎると良くないのです。
  また、湿度の影響が大きいです。乾燥している欧州は焼き上がり後の食べごろ期間が8時間以上と長いですが、日本の様な多湿環境では、空気中の水分を吸収するため、4時間が限度ですね。」

その他、書ききれないほどいろいろ訊きました。
 「インスタント・ドライイーストと、ドライイーストの使い方の違いは?」
 「天然酵母の扱い方は?」
 「天然酵母は必ず元だねを作らないといけないの?」
 「オーブンでパンを焼くコツは?」

そしてお土産に入っていたのは、ブロート・ヒューゲルさん製作の2周年記念パン「Zwei」
2周年にちなんで、数字の2の形をしていて、名前がZweiなんて、なんとおちゃめなパンなんでしょう!
Zweiを60個ほども焼くのですから、ヒューゲルさんの頭の中は2でいっぱい?想像すると、笑みがこぼれますね。


Nory@Side Home Dad*のホームページ


←Eins, Zwei, Drei, と思った方は、"ぽちっとな"お願いしま~す。
スポンサーサイト



Appendix

プロフィール

Nory

Author:Nory
結婚してから30年目。
髪結いの亭主のはずが、カミさんに『働かざるもの食うべからず』と言われ、サラリーマンになって29年経過。
家事を楽しみ家族に尽くす 兼業主夫。

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR